メルセデスの2019年10月20日 巨人 – ソフトバンク戦におけるの投球

メルセデス, 読売ジャイアンツソフトバンク, メルセデス, ヤフオクドーム, 巨人, 読売ジャイアンツ

メルセデス

2019年10月20日、ヤフオクドームでの巨人 – ソフトバンク戦に登板したメルセデス。

全76球のうちストライクゾーンに投じられたボールは39球で割合は51.32%。

6回を投げて打者21人に対し、被安打は1、四死球は2、失点は0でした。

2019年10月20日 巨人 – ソフトバンク戦におけるメルセデスの投球内容

トータル76球とアウト獲得数の内訳は以下のとおり。

球種 投球数 取得アウト
ストレート 42球 ( 55.3% ) 10個
スライダー 17球 ( 22.4% ) 4個
カーブ 5球 ( 6.6% ) 1個
シュート 5球 ( 6.6% ) 0個
チェンジアップ 7球 ( 9.2% ) 3個

メルセデスが対戦したバッターとその結果

打者 球種
コース
状況 結果
川島 慶三 ストレート
19(ストライクゾーン)
フライ ランナーなし
今宮 健太 ストレート
19(ストライクゾーン)
ゴロ ランナーなし
柳田 悠岐 ストレート
19(ストライクゾーン)
ゴロ ランナーなし
デスパイネ スライダー
24(ボールゾーン)
空振り[ワンバウンド] ランナーなし
グラシアル チェンジアップ
17(ストライクゾーン)
ゴロ ランナーなし
松田 宣浩 ストレート
14(ストライクゾーン)
ゴロ ランナーなし
中村 晃 スライダー
24(ボールゾーン)
フライ ランナーなし
内川 聖一 ストレート
14(ストライクゾーン)
ゴロ ランナーなし
甲斐 拓也 チェンジアップ
21(ボールゾーン)
空振り[ワンバウンド] ランナーなし
川島 慶三 スライダー
18(ストライクゾーン)
ゴロ[バットの先] ランナーなし
今宮 健太 チェンジアップ
22(ボールゾーン)
空振り ランナーなし
柳田 悠岐 スライダー
14(ストライクゾーン)
フライ ランナーなし
デスパイネ ストレート
9(ストライクゾーン)
ライナー ランナーなし
グラシアル ストレート
18(ストライクゾーン)
ゴロ ランナーなし
松田 宣浩 スライダー
19(ストライクゾーン)
ヒットライナー ランナーなし
中村 晃 ストレート
22(ボールゾーン)
四球 1塁
内川 聖一 ストレート
13(ストライクゾーン)
フライ 1.2塁
甲斐 拓也 ストレート
14(ストライクゾーン)
ゴロ[詰り] ランナーなし
川島 慶三 シュート
23(ボールゾーン)
四球 ランナーなし
今宮 健太 ストレート
19(ストライクゾーン)
ゴロ 2塁
柳田 悠岐 カーブ
14(ストライクゾーン)
ゴロ 3塁

メルセデスの各球種の球速について

ストレート(全42球)

平均球速
141.7 km/h
最速
145 km/h
最遅
138km/h

シュート(全5球)

平均球速
136.4 km/h
最速
137 km/h
最遅
136km/h

スライダー(全17球)

平均球速
124.1 km/h
最速
128 km/h
最遅
116km/h

チェンジアップ(全7球)

平均球速
132.7 km/h
最速
134 km/h
最遅
130km/h

カーブ(全5球)

平均球速
118.8 km/h
最速
121 km/h
最遅
117km/h

メルセデスが打たれた被安打、被ホームランの内訳

内容 本数
シングルヒット 1本

メルセデスが打たれた球種の内訳

球種 本数
スライダー 1本

メルセデスが獲得したアウト数とその内訳

総アウト獲得数18個

内容 個数
空振り三振 3個
フライ 4個
ゴロ 10個
ライナー 1個

メルセデスの打たれたバッターとその結果の内訳

バッター 内容 コース
松田 宣浩
(右打ち)
ヒット
(スライダー)
コース:No19

メルセデスが投げた76球のコースの内訳 ※がストライクゾーンの目安

No.1
0球
No.2
1球
No.3
0球
No.4
1球
No.5
0球
No.6
5球
No.7
2球
No.8
3球
No.9
1球
No.10
0球
No.11
3球
No.12
4球
No.13
3球
No.14
8球
No.15
0球
No.16
2球
No.17
3球
No.18
7球
No.19
1本/8球
No.20
1球
No.21
3球
No.22
6球
No.23
5球
No.24
7球
No.25
3球