サリオス, ハーツクライ

皐月賞で距離不安を一掃した感のあるサリオス。

2着でしたが、圧巻のパフォーマンスでした。

実力的にはダービーはコントレイルとの2強ムード。

とはいえ、サリオスにとって悪しき前例は残されたままです。

タイセイビジョン

1番人気だったアーリントンカップを楽勝したタイセイビジョン。

キャリア2戦目の函館2歳Sではビアンフェの2着でしたが、以降2戦連続でビアンフェに先着。

以降はサリオスにしか先着を許していません。

5 ...

ダイワメジャー, レシステンシア, 種牡馬, 競走馬

桜花賞2着からNHKマイルに挑むレシステンシア。

初の関東遠征、鞍上はルメールに変更。

桜花賞では武豊騎手もトレーナーもやりたいことはできたと語っていたようにレシステンシアパフォーマンスは納得のいくものでした。 ...

アドマイヤビルゴ, 競走馬

若葉ステークスを内容のある競馬で圧勝したアドマイヤビルゴ。

2戦目で走りはガラっと変わりました。

デビューは1月と遅くここからは上昇する一方でしょう。

皐月賞はパスして京都新聞杯へ。

こ ...

エピファネイア, スカイグルーヴ

京成杯2着以来、3カ月ぶりに出走するスカイグルーヴ。

鞍上はルメール騎手。

かなりの人気を集めるでしょう。

心配なのはレースからレースの間隔。

久しぶりの実戦であるということと、そこから ...

キズナ, クリスタルブラック

キャリア2戦で皐月賞に挑むクリスタルブラック。

新種牡馬キズナ産駒では同馬とキメラヴェリテが出走権も持っています。

京成杯で負かした相手は世代屈指の素質馬スカイグルーヴでした。

新種牡馬の産駒でキャ ...

ノヴェリスト, ラストドラフト

ノヴェリスト産駒唯一の重賞ウィナーであるラストドラフト。

ノヴェリストの輝かしい競走馬としての戦績からすれば拍子抜けするような種牡馬としてのキャリア。

ラストドラフトはようやく誕生した代表的な産駒。

ディープインパクト

それほどレベルが高かったわけではない新馬戦を圧勝したヴァーダイト。

2番人気でしたが、他馬とはかなりの差がありました。

実戦にいって更にいい、というタイプなのでしょう。

全姉にはマリアライト、半兄に ...

ミッキーワイルド, ロードカナロア

ミッキーワイルドは現在5歳の牡馬。父ロードカナロアと同じく安田隆行厩舎。

ダート路線に転じてからは、戦績はとても安定しています。

ロードカナロアの初年度産駒なので、アーモンドアイとは同期になります。

ヴェロックス, ジャスタウェイ, 種牡馬

ダービー、菊花賞、有馬記念での内容から距離適性に注目が集まっているヴェロックス。

どれくらいの距離、条件があっているのか?

上手く嵌りどころが見つかればジャスタウェイのような大物に、と思っているファンもいるでし ...