中山金杯が行われる1月の中山競馬場の芝2000mで有利・不利な枠順は?

O.マーフィー, ザダル中山金杯, 内枠, 外枠, 芝2000m, 重賞

中山金杯が行われる1月の中山競馬場の芝2000mで有利・不利な枠順は?

ザダルが大外17番になり愕然としていますが、実際のところ外枠は有利か不利か?

甚だ簡単ではありますが、調べてみました。

期間は2013/01/01から2020/01/04まで。
1月開催の中山競馬場で行われた2勝クラス以上の芝2000m 24レースを集計した結果掲載しています

馬番別実績

17頭立てで行われたのは24レース中3レースで2015年の京成杯でペルーフが大外17番で優勝しています。

同年の金杯でパッションダンスが4着でした。

2018年の金杯でカデナが10着。

履歴はこの3レースのみでした。

最も成果を挙げている馬番は以下のとおりです。

馬番 出走回数 1着 勝率/連対率
3 24 3 12.5% / 16.7%
4 24 3 12.5% / 25.0%
6 24 3 12.5% / 12.5%
10 24 2 8.3% / 8.3%
5 24 2 8.3% / 16.7%
8 24 2 8.3% / 20.8%
11 22 2 9.1% / 27.3%
7 24 1 4.2% / 12.5%
2 24 1 4.2% / 8.3%
12 22 1 4.5% / 9.1%
13 17 1 5.9% / 5.9%
14 15 1 6.7% / 6.7%
15 13 1 7.7% / 23.1%
17 3 1 33.3% / 33.3%
1 24 0 0.0% / 8.3%
9 24 0 0.0% / 4.2%
16 10 0 0.0% / 20.0%

枠番別実績

最も成果を挙げている枠番は以下のとおりです。

枠番 1着 2着 勝率/連対率
3 6 1 15.4% / 17.9%
7 4 1 8.3% / 10.4%
6 4 2 8.7% / 13.0%
8 3 8 5.9% / 21.6%
4 3 3 7.3% / 14.6%
5 2 3 4.3% / 10.9%
2 1 4 2.7% / 13.5%
1 1 2 2.9% / 8.8%

まとめ

枠順でいえば3番が全24レース中6勝をあげている1月の中山競馬場。

細かいことを抜きにすれば、同じ条件で連対率が最も高いのは8枠です。

2019年の金杯ではステイフーリッシュがこの枠から2着になりました。

トリオンフがいて、タニノフランケルもいてレースはそこそこのペースで流れそうです。

ジョッキーもマーフィーですし、メンバーもそれほど強くないのでここでしっかり結果を出して、何とかトーセンラーの血をアピールしてもらいたいです。