マルターズディオサの距離適性を血統的な側面から集計

キズナ, マルターズディオサキズナ, マルターズディオサ, 成績, 手塚貴久厩舎, 距離適性

2019年度阪神ジュベナイルF(G1)でレシステンシアには完敗したものの2着は死守したマルターズディオサ。

積極的な競馬で勝ちに行って、後続の強い馬をしのいだわけですから価値があります。

キャリアは4戦2勝、2着が2回。

クラッシックレースの出走権はほぼ手中にあります。

BMSはグランドスラム。

マルターズディオサのこれまでの実績がマイルだけなので、BMSであるグランドスラムの実績も含めてみていきたいと思います。

2013/01から2020/01/23までの合計23470レースをもとに集計しています。

BMSがグランドスラムである馬の戦績

集計期間中、71頭の成績が記録されていました。

1着になった記録があるのが18頭。

現在キャリア4戦で、3歳になってから1走もしていないマルターズディオサが賞金ベースでいうと3位にランクされています。

この時点で、今イチといった感じです。

アルタイルはダートのオープン馬。G3戦線で上位をにぎわしていたこともありました。ベルウッドテラスはダートの準オープン馬。

2頭とも地方でキャリアを続けています。

良績は1600m以上にあります。

芝で複数勝利をあげているのはマルターズディオサのみです。

頭数が多いのでここでは賞金で上位20頭のみ記載します。

馬名 キャリア 賞金
アルタイル 7-3-5-23 175537000
ベルウッドテラス 4-0-6-30 65116000
マルターズディオサ 2-2-0-0 44349000
ウィッシュハピネス 2-1-0-12 37189000
サトノアビリティ 3-2-3-17 36661000
スピリットソウル 2-4-3-14 28650000
アウェイク 1-0-4-10 27284000
ダノングラシアス 1-2-0-7 22104000
ゼアミ 2-2-2-6 22000000
リープリングスター 2-1-0-2 19360000
ミッキーハイド 1-2-2-4 19050000
ショウサングランド 0-5-6-9 19000000
バルビエール 2-0-1-5 18314000
グログラン 2-0-1-13 17400000
モレッキ 1-2-1-8 16294000
フジノナデシコ 1-0-2-16 13750000
インバウンド 2-0-0-5 12200000
ミリオンフレッシュ 1-0-1-21 12111000
サトノアイリ 1-1-2-17 12000000
ダノンドリーム 0-1-1-16 11181000

BMSがグランドスラムである馬の距離実績

やはりダートに偏っています。

中山のマイルの勝ちはマルターズディオサの2勝。

なので、マルターズディオサはBMSがグランドスラムという基準で見た場合、例外的な存在であるといえます。

ここも便宜上、賞金ベースで上位20条件のみ記載します。

競馬場 条件 キャリア 賞金
東京 ダ1600 5-2-2-22 90102000
中山 ダ1800 2-0-5-38 59302000
新潟 ダ1800 2-0-3-5 36269000
阪神 ダ1200 2-3-1-12 34029000
札幌 ダ1700 3-0-0-4 30822000
東京 ダ1400 3-2-3-12 29800000
阪神 芝1600 0-1-1-4 28382000
福島 ダ1700 2-0-1-9 26718000
中山 芝1600 2-1-1-10 24917000
中京 ダ1400 1-2-2-2 22906000
中京 ダ1200 3-0-1-3 21000000
阪神 ダ1400 1-1-2-16 17900000
京都 ダ1200 1-3-1-7 16820000
小倉 芝1200 1-1-1-19 15971000
京都 芝1400 0-2-0-7 15104000
京都 ダ1400 0-2-5-20 14650000
函館 ダ1700 1-1-1-9 14490000
新潟 芝1600 2-1-0-6 13850000
東京 芝2000 0-0-1-3 13184000
新潟 芝1800 0-2-2-6 12594000

キズナ×グランドスラムの戦績

この組み合わせはマルターズディオサのみ。

あまりに内容が薄くなるので、ディープインパクト×グランドスラムの戦績を調べてみました。

アウェイクという馬がいてこの馬はオークスにも出走しています。G1ホースであるゴスホークケンの妹です。

キャリアを通じて1勝のみ。

ディアマイベイビー はアウェイクの姉でキャリアを通じて2勝していますが、2012年に記録したもの。集計期間外です。

3頭の母であるオールザウェイベイビーはノーザンファームの馬です。

どうあれ、マルターズディオサは国産馬として初めて芝で成功した事例といえるでしょう。

馬名 キャリア 賞金
マルターズディオサ 2-2-0-0 44349000

キズナ×グランドスラムの距離実績

この実績も当然マルターズディオサのものです。

新潟でデビューしているので、左回りの広いコースも経験済みです。

デビュー戦で敗れた相手がウーマンズハート。

未勝利戦で負かした馬の中にはその後オープン特別で2着になり、2勝馬クラスで差し切ったマジックキャッスル はその後ファンタジーSで2着になりました。

強い相手とばかり戦って4戦2勝、2着が2回。実力は本物といっていいでしょう。

競馬場 条件 キャリア 賞金
阪神 芝1600 0-1-0-0 26332000
中山 芝1600 1-0-0-0 10217000
新潟 芝1600 1-1-0-0 7800000

キズナ産駒の主な実績馬

以前集計したときからすれば2勝馬が増えました。

ビアンフェは短距離路線に進むことになりそうですが、クリスタルブラック、マルターズディオサは王道を行くことになるでしょう。

クリスティ、シャンドフルールはまだ2勝馬ですが、クラッシック路線に食い込むチャンスはあるでしょう。

馬名 出走回数 1着-2着 賞金
ビアンフェ 5 2-2 54468000
クリスタルブラック 2 2-0 45455000
マルターズディオサ 4 2-2 44349000
ルーチェデラヴィタ 4 2-0 23245000
クリスティ 5 2-2 21850000
クリアサウンド 3 1-0 19078000
エグレムニ 4 2-1 18087000
シャンドフルール 3 2-0 17287000
ヴォルスト 4 2-0 15400000
オールザワールド 5 1-2 11700000
グランスピード 3 1-1 11440000
ケヴィン 3 1-0 11021000
アカイイト 5 1-1 10854000
ハギノエスペラント 5 1-0 9860000
スマートリアン 3 1-1 9066000
カインドリー 4 1-0 8500000
リメンバーメモリー 6 1-0 8050000
レジェーロ 4 1-1 7800000
ベストジーニスト 3 1-0 7500000
キョウエイゴー 7 1-0 7350000

まとめ

グランドスラムという名前自体は最近は見かけなくなったのもの以前は度々見かけたようなそんな印象があります。

試されたけれども、早い話、駄目の烙印が押されてしまったのかもしれません。

充分すぎる事例のBMSグランドスラム。結果ダート馬を多く輩出しましたが、2019年に現れたマルターズディオサ。

先にも見た通り実力は本物です。

今後どれだけ成長できるかによりますが、1戦ごとに内容がよくなっているので新種牡馬キズナの代表産駒としてより注目を集めることになるでしょう。