ラストドラフトの距離適性を血統的な側面から集計

ノヴェリスト, ラストドラフトノヴェリスト, ラストドラフト, 成績, 戸田博文厩舎, 距離適性

ノヴェリスト産駒唯一の重賞ウィナーであるラストドラフト。

ノヴェリストの輝かしい競走馬としての戦績からすれば拍子抜けするような種牡馬としてのキャリア。

ラストドラフトはようやく誕生した代表的な産駒。

デビュー2連勝はいずれもルメールが騎乗してのもの。

その後3戦は結果が出ませんでしたが、ここ2戦の重賞ではマーフィー騎乗で上位争いに食い込むことができています。

にしても、印象の薄いノヴェリスト産駒。

ラストドラフトの母は桜花賞馬のマルセリーナ。

ディープインパクト産駒で初めてG1レースを勝った馬です。

BMSであるディープインパクトの実績も含めてラストドラフトの可能性をみていきたいと思います。

2013/01から2020/01/27までの合計23540レースをもとに集計しています。

BMSがディープインパクトである馬の戦績

トップにはキセキの名前。

賞金ベースでいえば抜けています。

キセキは現在6歳で、ファンタジストは抹消になってしまいましたが、生きていれば4歳。

3番目のケイティクレバーが5歳で、ハッピーアワー、ラストドラフトが4歳。

今後ドナウデルタあたりが2番手まで上り詰めそうですが、BMSとしてのディープインパクトの成績は案外というのが現状です。

で、集計期間中にBMSがディープインパクトである馬は348頭いたわけですが、交配された種牡馬、つまり父親は何だったか?

集計しました。ここは上位20頭掲載しておきます。

種牡馬名 頭数
ロードカナロア 33
ルーラーシップ 30
キングカメハメハ 26
ハービンジャー Harbinger 25
ワークフォース Workforce 23
クロフネ 22
ノヴェリスト Novellist 16
エイシンフラッシュ 15
エピファネイア 13
シンボリクリスエス 11
タートルボウル Turtle Bowl 10
ヘニーヒューズ Henny Hughes 8
エンパイアメーカー Empire Maker 8
アイルハヴアナザー I’ll Have Another 7
ダンカーク Dunkirk 5
キングズベスト King’s Best 5
ジャングルポケット 4
カジノドライヴ 4
トーセンジョーダン 4
オルフェーヴル 4

キセキ以降G1レースを賑わすような馬は誕生していませんが、これはただのめぐり合わせのようなもので時間の問題といっていいのではないでしょうか。

以下、BMSがディープインパクトである馬の戦績です。

賞金ベースで上位15の馬のみ記載しています。

馬名 キャリア 賞金
キセキ 4-4-4-5 559139000
ファンタジスト 3-2-0-5 134387000
ケイティクレバー 3-4-2-12 79957000
ハッピーアワー 3-2-1-5 77986000
ラストドラフト 2-1-1-3 77709000
メリートーン 4-4-2-15 71512000
コロラトゥーレ 4-1-5-19 71300000
キングリッド 4-7-3-8 69249000
イシュトヴァーン 4-3-1-2 68509000
ドナウデルタ 4-1-1-3 62537000
ヌーディーカラー 4-3-1-9 60683000
ランフォザローゼス 1-3-0-5 55220000
ヒンドゥタイムズ 3-1-2-1 52886000
ゲンパチケンシン 3-5-2-27 50835000
ロフティフレーズ 3-3-1-9 49906000

BMSがディープインパクトである馬の距離実績

東京芝2400m、京都芝3000mの実績はキセキがG1レースで獲得した賞金が反映されたもの。

交配されている種牡馬の中にはクロフネ、エンパイアメーカー、ヘニーヒューズ、カジノドライブといったダート馬もいるのでダートでの成績も上位に来ています。

ラストドラフトが実績を残しているのは芝1800mから芝2200mの間。

早い時計には対応できない感じではありますが、キャリアはまだ7戦。

母系の良い部分が成長の過程でポジティブに作用することが期待されます。

賞金ベースで上位10の条件のみ記載しています。

競馬場 条件 キャリア 賞金
東京 芝2400 1-2-0-9 149434000
京都 芝3000 1-0-0-0 145709000
京都 芝2000 8-10-5-24 142809000
東京 芝1600 9-8-7-52 111636000
小倉 芝1200 7-4-1-43 103149000
中山 芝1600 8-3-8-44 102807000
阪神 芝2000 2-7-2-18 99137000
東京 芝1400 5-6-3-35 96676000
中山 ダ1800 9-7-6-84 94190000
中山 芝1800 5-6-2-18 89427000

ノヴェリスト×ディープインパクトの戦績

これはありそうでなかったリストではないでしょうか。

ラストドラフトにファンがいたとしても、同じ組み合わせの馬の実績を調べる人はあまりいないのではないでしょうか。

集計期間中に同じ組み合わせの馬は16頭いて、勝ち上がったのは3頭。

2勝以上しているのはラストドラフトを含め2頭。

この組み合わせでトータル5勝をあげていますが、ラストドラフトの2勝意外はすべてダートでのものでした。

ノヴェリストに期待されていたことは、ディープインパクトも含めたサンデーサイレンス系の牝馬との交配で成果を挙げることにあったなら、それは現状上手くいっているとはいえません。

ラストドラフトの復調に大きな期待が寄せられます。

馬名 キャリア 賞金
ラストドラフト 2-1-1-3 77709000
ミッキーボニータ 2-1-3-6 21150000
シュテルクスト 1-0-1-0 6800000
スピンク 0-1-1-2 4850000
オレンジオレンジ 0-0-2-10 3700000
ダジボーグ 0-0-1-9 3250000
サトノサイベリー 0-0-1-6 2900000
バレンタインジェム 0-1-0-5 2800000
ガンロック 0-0-0-6 1500000
ペルネッティア 0-0-0-5 1250000
エールエクスピレ 0-0-0-2 900000
ノッテステラータ 0-0-0-6 700000
エコロダンサー 0-0-0-4
サトノエレーナ 0-0-0-3
デルマカーネリアン 0-0-0-2
ナル 0-0-0-2

ノヴェリスト×ディープインパクトの距離実績

この組み合わせでトータル5勝しかあげていないのでここであまりないのではないかと。

ノヴェリストに関してはちょっと期待外れな感じは否めないので、今後同じ交配も行われなくなっていくでしょう。

駄目の烙印を押しても差し支えないだけの結果は出てしまっています。

なので、ラストドラフトが飛躍できたとしても焼け石に水に終わる可能性は高いです。

競馬場 条件 キャリア 賞金
中山 芝2000 1-0-0-4 38427000
中京 芝2000 0-1-0-1 16160000
中山 芝2200 0-0-1-0 16122000
東京 ダ1600 1-0-2-3 12050000
東京 芝1800 1-0-0-2 7000000
東京 芝1600 0-1-1-3 5300000
阪神 ダ1800 1-0-0-1 5000000
福島 ダ1150 1-0-0-0 5000000
阪神 芝1400 0-1-0-2 2800000
札幌 芝1200 0-1-0-0 2800000
新潟 芝1600 0-0-0-4 2100000

ノヴェリスト産駒の主な実績馬

数字で見るとなかなか厳しい。

賞金総額で1億を稼いでいる馬は現状いません。

ラストドラフト、コスモカレンドゥラ、バラックパリンカは現在4歳。

それぞれ頭打ちになっているようにも見えますが、キャリアとしてはまだまだこれから。

賞金ベースで上位20の馬のみ記載しています。

馬名 出走回数 1着-2着 賞金
ラストドラフト 7 2-1 77709000
コスモカレンドゥラ 11 3-2 52965000
バラックパリンカ 11 3-5 51402000
シセイヒテン 19 2-5 49764000
ローゼンクリーガー 11 2-2 42311000
バレーノロッソ 15 3-0 39448000
ダイワメモリー 13 3-0 38413000
ピエナミント 13 2-2 36274000
アビーム 13 2-5 31540000
コロンバスデイ 19 2-4 29200000
トーセンリスト 13 2-2 28678000
シュバルツリッター 20 1-2 24450000
シェパードボーイ 7 2-1 24280000
ターフェルムジーク 18 2-0 23549000
メイショウロセツ 9 2-0 22959000
ジャストアジゴロ 8 2-1 22456000
エリンズロマーネ 20 1-3 21900000
ヴァイザー 16 2-0 21750000
ミッキーボニータ 12 2-1 21150000
ノーザンクリス 14 2-2 20900000

まとめ

どこを切り取っても厳しい現実が浮き彫りになった感のあるノヴェリスト産駒。

しかし、そのなかにあってラストドラフトは孤軍奮闘しているといっていいでしょう。

ルメールや、マーフィが乗って重賞レースに出走できているだけでも凄いことなわけで、それだけの資質は備わっているという見方もできます。

ファンがいるかどうかもわからないラストドラフトですが、わかったことは輸入種牡馬の厳しい現実でした。

2019年度種牡馬リーディングトップ10の中に入っている輸入種牡馬はハービンジャーのみ。

ノヴェリストは種牡馬としてエイシンフラッシュよりも成果をあげることができていません。

先頭にいるラストドラフトがどれだけ才能をのばすことができるか。

そしてそれがノヴェリストの処遇に影響を与えうるのか、いつどのような判断が下されるのか。

関心が競争の成績とは違うことに遷移していく前兆がノヴェリスト産駒の戦績には見受けられます。