レッドルレーヴの距離適性を血統的な側面から集計

2020年4月29日レッドルレーヴキングカメハメハ, ディープインパクト, レッドルレーヴ, 成績, 血統, 距離, 適性

フローラSで賞金を加算してオークスへの出走を確定させたいレッドルレーヴ

母馬のラストグルーヴは3億7800万円で取引された高額馬でしたが、キャリアは1戦1勝だったことで少し話題になりました。

レッドルレーヴはエアグルーヴの孫に当たります。

同レースには同じくスカイグルーヴも出走しますが、こちらに比べるとはるかにレッドルレーヴは大人しい印象。

折り合いなど、レースに挑むにあたっての心配はあまりなさそうです。

2013/01から2020/04/21までの合計24350レースをもとに集計しています。

ラストグルーヴ産駒の実績

レッドルレーヴの母であるラストグルーヴの産駒は3頭。

いずれも父はキングカメハメハ。

各馬の戦績は以下の通り

馬名 馬齢 戦績 賞金
リシュブール 牡5 1-3-1-10 20648000
ランフォザローゼス 牡4 1-3-0-5 55220000
レッドルレーヴ 牝3 1-2-0-0 22044000

3頭とも勝ち上がっていますが、1勝馬。

ランフォザローゼスは重賞で2度2着になっているのでオープンクラス。

ダービーにも出走して結果は7着でした。

以降は低迷しています。

レッドルレーヴを含めた3頭の成績を馬齢ごとに集計すると

馬齢 出走回数 戦績 賞金
2歳 6 2-4-0-0 23678000
3歳 15 1-3-1-10 66636000
4歳 4 0-1-0-3 7598000
5歳 2 0-0-0-2

2歳から3歳の上半期にかけて良績があり、以降の数字は伸び悩んでいます。

レッドルレーヴは藤沢厩舎の所属。

同厩舎がクラシックに出走させるために管理馬を調整をしているというだけで、その馬の完成度はそれなりに高いといえるでしょう。

BMSがディープインパクトである馬の実績

レッドルレーヴのBMSはディープインパクト。

大種牡馬であるディープインパクトですが、BMSとしての実績はそれほどでもありません。

集計期間中にBMSがディープインパクトである馬の記録は379頭。

数は多いですが、G1レースを勝ったのはキセキのみ。

獲得賞金でソートすると、キセキの次にくるのがファンタジストで、その次がラストドラフト。

重賞を勝っているのは先の3頭と、ハッピーアワーのみ。

BMSがディープインパクトである馬の重賞レースにおける実績を馬齢ごとに集計すると、

馬齢 出走回数 キャリア 賞金
2歳 15 2-1-2-10 115588000
3歳 58 3-7-3-43 428162000
4歳 13 0-1-3-9 229218000
5歳 4 0-2-0-2 139584000
6歳 1 0-0-0-1

トータルで5勝していますが、最も遅い時期の勝利はキセキの菊花賞。

3歳の11月。

それ以降、2着はあるものの、勝つことはできていません。

こうした傾向からいっても3歳の同世代だけで走ることができるうちがレッドルレーヴにとってアドバンテージを生かせる期間であるといえるのかもしれません。

キングカメハメハ×ディープインパクトの実績

集計期間中に出走の記録のあるレッドルレーヴと同じ組み合わせの馬は29頭。

意外と少なく、重賞を勝った馬はいません。

便宜上、賞金ベースでソートした上位10頭のみ掲載しています。

生年 馬名 出走回数 戦績 賞金
2014 キングリッド 24 4-7-3-10 69249000
2016 ブラヴァス 9 4-2-1-2 60363000
2016 ランフォザローゼス 9 1-3-0-5 55220000
2014 ヴァナヘイム 5 1-3-1-0 38564000
2016 モアナアネラ 10 3-1-1-5 32715000
2015 マハヴィル 15 2-2-1-10 30682000
2017 レッドルレーヴ 3 1-2-0-0 22044000
2015 リシュブール 15 1-3-1-10 20648000
2016 スカテナート 11 0-4-1-6 12050000
2017 キングサーガ 3 1-1-1-0 10336000

本年度中にブラヴァスが獲得賞金額でトップに立つでしょう。

ブラヴァスのキャリアは9戦。

3歳の夏に2勝目をあげ、4歳の3月に4勝目。

レッドルレーヴはキャリア3戦ながら賞金総額では7番目。

重賞での実績があるのは、ランフォザローゼス、レッドルレーヴの兄妹と、従兄のヴァナヘイムの3頭。

どうやらこの組み合わせから大物が出ることはなさそうです。

フローラステークスをステップにオークスにに向かった馬たちの戦績

集計期間中、フローラステークス経由でオークス勝った馬はいません。

同期間におけるオークスの勝ち馬は、桜花賞か忘れな草賞組が勝っています。

フローラーステークスに出走し、オークスで上位に入着した馬は以下の通り。

年度 馬名 フローラS オークス
2017 モズカッチャン 1着 2着
2016 チェッキーノ 1着 2着
2013 デニムアンドルビー 1着 3着
2013 エバーブロッサム 2着 2着

チェッキーノはレッドルレーヴと同じ藤沢厩舎で桜花賞はパスしてフローラステークスに出走し1着になり、オークスでは2着。

集計期間中に限っていえば、1週遅れで行われるスイートピーSの上位馬も同様に2019年度のカレンブーケドールの2着が最高でした。

間隔的に東京でのオークストライアルから本番という流れは厳しいのかもしれません。

まとめ

たとえ本番でルメールが乗れなくてもルメールに手綱を託すことが多い藤沢厩舎。

ルメールは同じエアグルーヴの孫にあたるスカイグルーヴに騎乗します。

スカイグルーヴとレッドルレーヴは本賞金という基準からすれば同じような立場にありますが、ルメールが選んだこと、レースにおけるパフォーマンスから人気はスカイグルーヴに集まるでしょう。

ポテンシャルではスカイグルーヴ、競馬場や距離適性でいえばレッドルレーヴのほうに分がありそうです。

フラワーカップ後の会見ではレッドルレーヴの甘さを指摘した藤沢調教師。

最後に藤沢厩舎とオークスの実績を見ておきましょう。

年度 馬名 着順
2019 コントラチェック 9着
2019 シェーングランツ 7着
2017 ソウルスターリング 1着
2016 チェッキーノ 2着
2014 バウンスシャッセ 3着

レッドルレーヴのオークスへの出走はマストでしょう。

勝てないまでも権利を得られるだけのコンディションは期待できそうです。