ウインマイティーの距離適性を血統的な側面から集計

ウインマイティー, ゴールドシップウインマイティー, カコイーシーズ, ゴールドシップ, 成績, 血統, 距離, 適性

2連勝で忘れな草賞を制したウインマイティー。

父はゴールドシップ。

BMSはカコイーシーズで、生産はコスモヴューファーム。

あまり新しさは感じませんが、忘れな草賞を勝っているので軽視はできません。

距離延長と、3歳の春になって頭角を現したゴールドシップ産駒。

得体が知れないだけに興味深い存在です。

2013/01から2020/04/21までの合計24350レースをもとに集計しています。

BMSがカコイーシーズである馬の戦績

ウインマイティーはオークスに挑もうとしている馬。

BMSがカコイーシーズという馬で思い浮かぶ馬はいません。

イメージはダート馬。

ウインマイティーは芝で走っているので条件は芝に限ります。

集計期間中、BMSカコイーシーズである馬の実績は以下の通り。

馬名 戦績 賞金
ナカヤマナイト ステイゴールド 1-1-0-15 85284000
コスモヨハネ ヨハネスブルグ Johannesburg 2-4-5-32 71503000
ウインマイティー ゴールドシップ 2-0-0-1 30541000
マイネルアトゥー ステイゴールド 1-0-3-19 23350000

出走の記録があったのは18頭。

記載しているのは集計期間中に1勝馬クラス以上の条件で1着になったことのある馬のみ

ナカヤマナイトは集計期間外の2013年以前に重賞を2勝、オープン特別を1勝しています。

皐月賞5着、ダービーで4着。

マイネルアトゥは障害で活躍中。コスモヨハネは8歳で現役を続けています。

ウインマイティーは9月にデビューし、4月までで6戦。

忘れな草賞は厳しいコンディションでのレースでしたが、リストに載っている馬たちと同様のタフさが備わっていればオークスでのコンディションを心配する必要はなさそうです。

BMSがカコイーシーズである馬の距離実績

ウインマイティはクラシックレースを走る馬。

なので、先ほどと同様芝の1勝クラス以上の実績という条件を継続して集計します。

集計結果には46件のレコードがありましたが、掲載するのは上位5件のみ。

競馬場 距離 戦績 賞金
中山 芝1800 2-0-0-3 71437000
阪神 芝2000 2-0-1-7 31124000
中山 芝1600 1-1-1-8 22692000
新潟 芝2000 0-1-0-1 20164000
中京 芝1600 1-1-2-2 18273000
東京 芝1600 0-1-2-14 16420000

2000mを超える距離での実績がないのは気にかかるところです。

距離などの条件を加えず競馬場ごとに実績を集計した結果は以下の通り。

ウインマイティにとっておそらくオークスの距離は長く、東京の相性も良いとはいえないでしょう。

競馬場 戦績 賞金
中山 3-2-1-16 97029000
阪神 2-0-4-15 41374000
新潟 0-3-0-15 32182000
東京 0-1-2-27 21520000
中京 1-1-2-9 18973000
福島 0-1-0-12 8800000
京都 0-0-1-10 8270000
函館 0-0-0-9 3200000
小倉 0-0-0-11 2070000
札幌 0-0-1-3 1900000

ゴールドシップ×カコイーシーズの戦績

同じ組み合わせを持つ馬はウインマイティー のみ。

なので、ウインマイティー の距離実績を集計すると結果は以下の通り。

競馬場 距離 出走回数 キャリア 賞金
阪神 芝2000 1 1-0-0-0 20224000
中山 芝1800 1 1-0-0-0 10317000
京都 芝1600 2 1-0-0-1 5000000
京都 芝1800 1 0-1-0-0 2000000
阪神 芝1600 1 0-0-0-1 1100000

レース成績の詳細

6戦で掲示板を外したのはデアリングタクトが勝ったエルフィンステークスだけという堅実性のあるキャリア。

時計の早い決着で1.5秒離されての7着でした。

決め手があるわけではありませんが、ポジションさえ取れれば簡単にはダレないしぶとさがあるようです。

忘れな草賞で負かしたイズジョーノキセキは上昇著しい馬でした。

時計勝負は厳しそうですが、他馬が苦しむようなタフコンディションこそ合っているというのは強みになるケースというのは今後もあるでしょう。

年月日 競馬場 レース名 着順 距離
2020/04/12 阪神 忘れな草賞 1 芝2000(稍)
2020/02/29 中山 デイジー賞 1 芝1800(良)
2020/02/08 京都 エルフィンS 7 芝1600(良)
2019/11/03 京都 2歳未勝利 1 芝1600(良)
2019/10/14 京都 2歳未勝利 2 芝1800(稍)
2019/09/16 阪神 2歳新馬 4 芝1600(良)
年月日 レース名 タイム コーナー 着順
2020/04/12 忘れな草賞(L) 2:03.6 5-5-4-5 1
2020/02/29 デイジー賞(500万下) 1:48.9 2-3-4-3 1
2020/02/08 エルフィンS(L) 1:35.1 9-8 7
2019/11/03 2歳未勝利 1:35.8 3-3 1
2019/10/14 2歳未勝利 1:49.5 5-4 2
2019/09/16 2歳新馬 1:35.3 7-8 4

ゴールドシップ産駒の実績について

JRAの主催競争にゴールドシップ産駒が初めて出走したのが2019年の6月。

初勝利をあげたのはサトノゴールド。

ゴールドシップ産駒は66頭がデビューし、合計252回出走、20勝をあげています。

2勝以上あげているのは4頭。

ブラックホール、クロノメーター、ジュニパーベリー、そして、ウインマイティー。

ウインマイティーはゴールドシップ産駒唯一の3勝馬です。

ブラックホールは2019年の8月の札幌2歳S(G3)で2勝目をあげましたが、その次の2勝馬は2020年2月末、ウインマイティーが勝つまで出ませんでした。

以下、月別にゴールドシップ産駒の勝率、連帯率を集計した結果です。

年月日 出走回数 戦績 勝率/連対率
2020/04 30 3-2 10.0% / 16.7%
2020/03 28 2-3 7.1% / 17.9%
2020/02 30 3-2 10.0% / 16.7%
2020/01 26 2-1 7.7% / 11.5%
2019/12 37 1-3 2.7% / 10.8%
2019/11 30 3-2 10.0% / 16.7%
2019/10 21 3-2 14.3% / 23.8%
2019/09 19 0-0 0.0% / 0.0%
2019/08 15 1-1 6.7% / 13.3%
2019/07 14 2-1 14.3% / 21.4%
2019/06 2 0-0 0.0% / 0.0%

産駒が3勝以上した月はなく、ブレイクした感はありません。

ただ2勝馬が4頭いること、クラシックレースに産駒が出走できる見通しがたっていることは種牡馬ゴールドシップにとってポジティブなことです。

まとめ

ウインマイティーはゴールドシップ唯一の3勝馬。

2連勝で賞金を加算しオークスへの出走を可能にしました。

陣営は距離の心配はないと語っていますが、5月の東京競馬場、良馬場でのレースはウインマイティーにとってプラスにはならないでしょう。

昨年の時計は2:22.8、一作年は2:23.8。

年々決着のタイムは短縮されています。

スピードが求められる紛れの少ない東京競馬場。

ウインマイティーにとってオークスは厳しいでしょう。

期待はそれ以降。

過去2回良馬場でなく上がりがかかるコンディションで行われた実績のある秋華賞の方がウインマイティーとって有利な条件となるはずです。