ユーキャンスマイルの距離適性を血統的な側面から集計

2020年4月29日ユーキャンスマイルキングカメハメハ, ダンスインザダーク, ユーキャンスマイル, 成績, 血統, 距離, 適性

2020年度阪神大賞典に勝ち、天皇賞春でG1初勝利に挑むユーキャンスマイル。

これまでG1レースには4度出走。

連帯こそないものの、掲示板を外したことはないという堅実な内容。

3000m以上の条件で唯一結果を残しているキングカメハメハ産駒ですが、2000mの重賞を勝っているように決して長距離が得意という感じではなさそうです。

2013/01から2020/04/21までの合計24350レースをもとに集計しています。

BMSがダンスインザダークである馬の戦績

集計期間中にBMSがダンスインザダークである馬は1002頭出走しました。

最も活躍したのは、2015年、宝塚記念と天皇賞秋を制したラブリーデイ。

キングカメハメハ×ダンスインザダークという組み合わせはユーキャンスマイルと同じです。

次にステイヤーズステークスを3連覇したアルバート。

そしてユーキャンスマイルが続きます。

BMSがダンスインザダークである馬のG1レースの成績は以下の通り。

馬名 戦績
ラブリーデイ キングカメハメハ 2-0-1-7
ユーキャンスマイル キングカメハメハ 0-0-1-3
ダイメイプリンセス キングヘイロー 0-0-0-4
アルバート アドマイヤドン 0-0-0-6

ユーキャンスマイルは2018年の菊花賞の3着が最高着順ですが、G1レースの出走機会には必ず掲示板に載るという安定した走りを見せています。

キングカメハメハ×ダンスインザダークの戦績

集計期間中にユーキャンスマイルと同じ組み合わせを持つ馬が出走したのは50頭。

重賞を勝っているのはラブリーデイとユーキャンスマイルの2頭。

バレッティなどダートで活躍する馬もいますが、この組み合わせを持つ馬の総勝利数51勝のうち、芝が35勝、ダートは16勝でした。

実績があるのは芝のマイルから2000m。

ユーキャンスマイルは3000mと3400mの重賞を勝っていますが、相手に恵まれた感があります。

以下、ユーキャンスマイルと同じ組み合わせを持つ馬の芝のレースにおける実績です。

距離 1着 賞金
芝2000 10 312602000
芝1800 10 86865000
芝1600 7 66719000
芝2200 4 234431000
芝2400 2 87959000
芝3000 1 67700000
芝3400 1 41364000

ユーキャンスマイルの兄妹の戦績

ユーキャンスマイルの母、ムードインディゴの産駒は5頭。

チークトゥチークの父がクロフネで、後は皆キングカメハメハの産駒なのでユーキャンスマイルの全兄妹ということになります。

出世頭はユーキャンスマイル。

生年 馬名 性別 戦績 賞金
2015 ユーキャンスマイル 6-3-1-5 297602000
2013 ノガロ 3-0-3-10 49467000
2017 ルビーカサブランカ 1-0-0-3 8510000
2014 チークトゥチーク 1-0-0-1 5000000
2012 カリビアンブルー 0-0-0-5 900000

ユーキャンスマイルを除いた兄妹の戦績を距離別に集計すると以下の通り。

ノーマルなキングカメハメハの傾向とほぼ同じ結果です。

距離 戦績 賞金
芝1800 2-0-0-8 32849000
芝2000 1-0-2-5 13888000
芝1600 1-0-1-2 12140000
ダ1700 1-0-0-0 5000000
芝2600 0-0-0-1
ダ1800 0-0-0-3

キングカメハメハ産駒の長距離実績について

集計期間中、キングカメハメハ産駒はG1レースを7頭で12勝しました。

内訳は以下の通り。

年度 馬名 レース名 距離
2018 ミッキーロケット 宝塚記念 芝2200
2018 レイデオロ 天皇賞 芝2000
2017 レイデオロ 東京優駿 芝2400
2015 リオンディーズ 朝日フューチュリティ 芝1600
2015 ラブリーデイ 宝塚記念 芝2200
2015 レッツゴードンキ 桜花賞 芝1600
2015 ドゥラメンテ 皐月賞 芝2000
2015 ラブリーデイ 天皇賞 芝2000
2015 ドゥラメンテ 東京優駿 芝2400
2013 ロードカナロア 高松宮記念 芝1200
2013 ロードカナロア 安田記念 芝1600
2013 ロードカナロア スプリンターズS 芝1200

意外にもキングカメハメハ産駒はJRAの主催競争において、2018年天皇賞秋のレイデオロ以降G1レースを勝つことができていません。

レースごと、競馬場ごとに集計すると結果は以下の通り

レース名 勝利数 距離
宝塚記念 2 芝2200
東京優駿 2 芝2400
天皇賞(秋) 2 芝2000
朝日フューチュリティ 1 芝1600
皐月賞 1 芝2000
桜花賞 1 芝1600
高松宮記念 1 芝1200
安田記念 1 芝1600
スプリンターズS 1 芝1200
競馬場 勝利数
東京 5勝
阪神 4勝
中山 2勝
中京 1勝

集計期間外でいえばアパパネが秋華賞を勝ちましたが、集計期間中に京都競馬場でG1レースを勝ったキングカメハメハ産駒はいません。

最も近づいたのは2017年度のマイルチャンピオンシップのエアスピネル。

鞍上はライアン・ムーア。馬場コンディションも展開も申し分のない千載一遇の機会であるように見えましたが、ゴール前ペルシアンナイトにとらえられました。

ユーキャンスマイルも昨年の万葉Sを強敵とは言えない相手に取りこぼしています。

まとめ

これまで重賞を3勝しているユーキャンスマイル。

おそらく適距離は2000m。

2019年度天皇賞秋では勝ったアーモンドアイは別格として、ダノンプレミアム、アエロリットとは差のない競馬でした。

5着がワグネリアン、6着がサートゥルナーリア、7着がスワーブリチャードといったG1ホースでした。

3000m以上の距離はこなせるという程度ではないでしょうか。

ダイヤモンドSも阪神大賞典も負かした相手は格下で、出走馬自体のレベルは高くありませんでした。

中距離に比べて層が薄い長距離。

ですが、G1ともなるとより適性の高い馬がコンディションを整えて出走してきます。

京都競馬場で行われるG1レースと長距離での実績に関するキングカメハメハ産駒のジンクス。

ユーキャンスマイルが天皇賞春を勝つには運を味方につける必要がありそうです。