2020年度版 ヴィクトリアマイルの予想に役立つかもしれないデータ

ヴィクトリアマイル2020年, ヴィクトリアマイル, データ, 予想, 調教師, , 騎手

2020年度ヴィクトリアマイルに関する、自分で調べるにはちょっと面倒かな、という程度のデータを集計しました。

予想に足しくらいになれば、と思います。

ちなみに、出走メンバーの東京マイルでの実績は以下の通りです。

賞金ベースでソートした上位10頭のみ記載しています。

馬名 出走回数 戦績 賞金
ノームコア ハービンジャー 2 2-0-0-0 150452000
プリモシーン ディープインパクト 4 2-1-0-1 98159000
アーモンドアイ ロードカナロア 2 1-0-1-0 33486000
アルーシャ ディープインパクト 3 1-1-1-0 30128000
ビーチサンバ クロフネ 2 0-2-0-0 26250000
シャドウディーヴァ ハーツクライ 1 0-1-0-0 16162000
トーセンブレス ディープインパクト 4 0-0-0-4 7220000
トロワゼトワル ロードカナロア 1 0-0-0-1 4400000
スカーレットカラー ヴィクトワールピサ 1 0-0-0-1 2900000
ダノンファンタジー ディープインパクト 1 0-1-0-0 2800000

2013/01から2020/05/10までの合計24557レースをもとに集計しています。

ヴィクトリアマイル限定リーディングサイアーランキング

やはり1位は断トツでディープインパクト。

出走頭数自体が圧倒的です。

2020年度も、ラヴズオンリーユー、プリモシーン、トーセンブレス、ダノンファンタジー、アルーシャ、コントラチェック、サウンドキアラの7頭が出走。

ディメンシオンが取り消しにならなければ、18頭中8頭がディープインパクト産駒というレースになるはずでした。

賞金ベースでソートしたランキング上位10頭のみ記載しています。

種牡馬 出走回数 戦績 賞金
ディープインパクト 32 3-2-3 511330000
フジキセキ 3 2-0-1 214208000
ステイゴールド 7 1-0-1 137116000
ハービンジャー Harbinger 1 1-0-0 108822000
クロフネ 6 0-1-0 77592000
スズカマンボ 4 0-1-1 60674000
ハーツクライ 5 0-1-0 43080000
メイショウサムソン 5 0-1-0 38020000
キングカメハメハ 13 0-1-0 37092000
テレグノシス 1 0-0-1 23546000

ヴィクトリアマイル限定リーディングトレーナーランキング

藤原厩舎は2015年と、2016年にストレイトガールで、友道厩舎はヴィルシーナで2013、2014年連覇しています。

2020年度ヴィクトリアマイルではメジェールスーが藤原厩舎所属。母親は2008年度ヴィクトリアマイルの優勝馬であるエイジアンウインズ。

友道厩舎からはクロフネ産駒のビーチサンバが出走します。

賞金ベースでソートしたランキング上位15の厩舎のみ記載しています。

調教師 出走回数 戦績 賞金
藤原英昭 7 2-0-1 214208000
友道康夫 2 2-0-0 187770000
西園正都 2 1-0-1 132290000
須貝尚介 5 1-0-0 110570000
萩原清 1 1-0-0 108822000
田中清隆 2 0-1-0 51092000
木村哲也 1 0-1-0 43092000
矢作芳人 1 0-1-0 43080000
池江泰寿 2 0-1-0 38092000
荒川義之 3 0-1-0 38020000
飯田祐史 3 0-1-0 37128000
尾形充弘 2 0-1-0 37092000
大久保龍志 5 0-0-0 28000000
西浦勝一 1 0-0-1 26546000
音無秀孝 1 0-0-1 26540000

ヴィクトリアマイル限定リーディングジョッキーランキング

集計期間中、すべてのヴィクトリアマイルで騎乗していたのは戸崎圭太騎手と岩田康誠騎手。

二人はともに離脱中です。

2020年度の同レースに内田博幸、幸英明両騎手は不出場。

なのでリーディングは獲得賞金で上回るルメール、その次がダミアン・レーンでした。

賞金ベースでソートしたランキング10位のみ記載しています。

騎手名 出走回数 戦績 賞金
戸崎圭太 7 2-0-1 233190000
内田博幸 6 2-0-0 187770000
幸英明 2 1-0-1 132290000
C.ルメール 4 1-0-0 119870000
D.レーン 1 1-0-0 108822000
蛯名正義 5 0-2-0 89112000
武豊 6 0-1-0 71080000
福永祐一 6 0-1-0 52092000
浜中俊 5 0-1-0 38092000
武幸四郎 3 0-1-0 37128000
吉田豊 3 0-1-0 37092000

ヴィクトリアマイル限定有利な枠順、馬番

フルゲートであれば7枠、8枠には3頭ずつが入ります

なので、出走頭数という数のうえでは7枠、8枠は有利なはずです。

集計期間中、2頭の勝ち馬を輩出しているな7枠は置いておくとして、8枠は不利なようです。

2020年度はノームコア、コントラチェック、サウンドキアラというメンバー。

コントラチェックは厳しいでしょうけれども、ノームコアはメンバー中最も東京マイルで実績のある馬。

サウンドキアラは重賞3連勝中です。

出走頭数 戦績 賞金
2 14 2-1-2 342086000
3 14 2-0-1 241932000
7 20 2-0-1 214316000
5 14 0-3-0 158204000
6 14 1-0-0 104322000
1 14 0-0-2 94610000
4 14 0-2-0 83484000
8 21 0-1-1 66626000

ヴィクトリアマイル限定有利な馬番

集計期間中、最も成果をあげている馬番は4。

2020年度はシゲルピンクダイヤ。

その次の5番はプリモシーン。

東京マイルでの実績もあり、ダミアン・レーンという勢いのある若いジョッキーが鞍上というのも魅力です。

ちなみにアーモンドアイの12番は集計期間中掲示板に載った実績がありませんでした。

あくまでも集計期間中における傾向です。

馬番 戦績 賞金
4 2-1-0 278030000
5 2-0-0 190392000
11 1-0-0 104322000
10 0-2-0 101112000
13 1-0-0 96822000
14 1-0-0 93948000
3 0-0-2 64056000
9 0-1-0 57092000
6 0-0-1 51540000
2 0-0-0 47500000
1 0-0-2 47110000
7 0-1-0 46392000
16 0-1-0 43080000
8 0-1-0 37092000
18 0-0-1 23546000
15 0-0-1 23546000
12 0-0-0
17 0-0-0

まとめ

やはり注目はアーモンドアイ。ロードカナロアの初年度産駒。

このレースでは負けられない存在です。

前日の京王杯SCでは出走したロードカナロア産駒が上位を独占しました。

ロードカナロア産駒がデビューしたのは2017年。

アーモンドアイが3冠を制し、ジャパンカップを勝ったのが2018年で、ロードカナロア産駒が4歳になった年度は2019年。

なので、2019年以降に東京競馬場の芝1600m、稍重という条件でのリーディングサイアーはどの馬か?

最後に記載しておきます。

2020年度ヴィクトリアマイルはおそらく稍重のコンディション。

馬場が悪くなればディープインパクト産駒の独壇場ではなくなります。

賞金ベースでソートしたランキング上位20のみ記載しています。

種牡馬 出走回数 戦績 賞金
ハービンジャー Harbinger 7 1-1-0 47230000
ハーツクライ 7 2-0-0 26859000
キングカメハメハ 4 1-1-0 24280000
ロードカナロア 9 1-2-0 22794000
ディープインパクト 10 0-1-2 19327000
ルーラーシップ 6 2-0-0 16000000
ステイゴールド 6 1-0-1 10500000
ディープブリランテ 5 0-1-0 6834000
スクリーンヒーロー 5 0-0-0 6200000
アドマイヤマックス 1 0-1-0 6074000
オルフェーヴル 3 1-0-0 5000000
キンシャサノキセキ 1 0-0-1 3842000
アンライバルド 1 0-1-0 3000000
ローズキングダム 1 0-0-1 2800000
マンハッタンカフェ 3 0-0-0 2300000
ヴィクトワールピサ 3 0-0-1 2050000
ヘニーヒューズ Henny Hughes 4 0-1-0 2000000
クロフネ 2 0-0-1 1900000
ゴールドシップ 1 0-0-1 1800000
ローエングリン 2 0-0-0 1500000