2020年度版 日本ダービーの予想に役立つかもしれないデータ

日本ダービー2020年, データ, 予想, 日本ダービー, 調教師, , 騎手

2020年度日本ダービーにに関する、自分で調べるにはちょっと面倒かな、という程度のデータを集計しました。

予想に足しくらいになれば、と思います。

まず気になるのは逃げ馬、というかペースメーカーの存在。

皐月賞ではわかりやすいキメラヴェリテがいましたが、ダービーでは除外になりました。

出走メンバー中、キャリアのなかで逃げたことがあるのは、ウインカーネリアンとコルテジア。

コルテジアはコントレイルと同じノースヒルズ系の馬。

あまりにコントレイルにとって望ましくない流れになるようなら、何らかのアシストをするのではないでしょうか。

2013/01から2020/05/24までの合計24695レースをもとに集計しています。

日本ダービー限定リーディングサイアー

以下、産駒がダービーに出走し、馬券に絡んだ実績のある

種牡馬のリストです。

種牡馬名 出走回数 戦績 賞金
ディープインパクト 26 4-3-2 1339996000
キングカメハメハ 16 2-0-1 614343000
ハーツクライ 9 1-1-0 349360000
シンボリクリスエス 2 0-1-0 89058000
フジキセキ 3 0-1-0 88960000
オルフェーヴル 2 0-1-0 87852000
ブラックタイド 5 0-0-1 74480000
Marju 1 0-0-1 54631000
Big Brown 1 0-0-1 54529000
ジャスタウェイ 2 0-0-1 53611000

ちなみに、2020年度の日本ダービーに出走するディープインパクト産駒は

コントレイルサトノフラッグサトノインプレッサアルジャンナレクセランス

の5頭が出走します。

日本ダービー限定リーディングトレーナー

管理馬を出走させた回数が断トツで多いのは、

池江泰寿厩舎。

2020年度はアルジャンナ、ヴェルトライゼンデという2頭が出走します。

近頃は運に見放されている感はありますが、さすがの実績です。

集計期間外ですが、オルフェーヴルでダービーを勝ち、サトノラーゼン、サトノダイヤモンドで2年連続2着。

以降、管理馬が馬券に絡んだ実績はありません。

以下、馬券に絡んだ実績のある調教師のリストです。

調教師 出走回数 戦績 賞金
友道康夫 4 2-0-0 489017000
角居勝彦 5 1-1-0 364335000
堀宣行 5 1-0-1 287048000
佐々木晶三 1 1-0-0 231703000
橋口弘次郎 2 1-0-0 231360000
藤沢和雄 6 1-0-0 228000000
池江泰寿 13 0-2-0 218272000
栗田博憲 2 0-1-0 88960000
庄野靖志 1 0-1-0 88000000
藤原英昭 2 0-1-0 87852000
萩原清 1 0-1-0 87222000
高木登 3 0-0-1 74480000
堀井雅広 1 0-0-1 54529000
二ノ宮敬宇 1 0-0-1 54505000
音無秀孝 4 0-0-1 54000000
国枝栄 5 0-0-1 53926000
中内田充正 2 0-0-1 53611000

最も優秀な成績は友道康夫調教師。

2020年度はマイラプソディとヴァルコスが出走します。

アドマイヤビルゴをはじめ高額取引された馬が複数いましたが、

ダービー出走はかないませんでした。

日本ダービー限定リーディングジョッキー

1位はルメール。

4回の騎乗で3回馬券に絡んでいます。

2020年度はワーケアに騎乗。

序列でいえば3番手ですが。

東京競馬場でならそれ以上の結果も期待できそうです。

騎手名 出走回数 戦績 賞金
C.ルメール 4 1-1-1 371641000
福永祐一 7 1-1-0 346540000
M.デムーロ 5 1-0-1 306417000
川田将雅 7 1-0-1 305146000
武豊 7 1-0-0 261703000
横山典弘 5 1-0-0 261360000
浜中俊 4 1-0-0 225277000
戸崎圭太 6 0-2-0 175074000
蛯名正義 5 0-1-1 143465000
岩田康誠 5 0-1-0 89262000
四位洋文 2 0-1-0 88000000
勝浦正樹 2 0-0-1 74529000
松岡正海 3 0-0-1 54480000
石橋脩 2 0-0-1 53926000

ダノンキングリー、エポカドーロで2年連続で連帯している戸崎騎手に本年度の騎乗馬はいません。

2回東京競馬12日限定リーディングジョッキー

そこそこマニアックなデータですが、日本ダービーが行われる日に最も成果を挙げているジョッキーを見ておきましょう。

2回東京競馬12日の芝の2勝クラス以上という条件での実績を集計。

上位10騎手のみを記載しています。

騎手名 出走回数 戦績 賞金
C.ルメール 16 3-4-2 464867000
福永祐一 24 2-1-3 449780000
M.デムーロ 17 3-1-2 381748000
川田将雅 24 2-0-2 354248000
武豊 19 2-1-1 306603000
横山典弘 13 1-0-0 280660000
戸崎圭太 21 2-4-2 273888000
蛯名正義 19 1-3-1 231649000
浜中俊 7 1-0-0 226777000
内田博幸 20 2-0-3 125854000

日本ダービーにおける有利な枠番と馬番

集計期間中に行われた日本ダービーの勝ち馬は、1枠から3頭。

7回中、5回馬券に絡んでいます。

2020年度は、サトノインプレッサとアルジャンナ。

毎日杯の1、2着馬です。

あくまでも集計期間中のはなしですが、

コントレイルの3枠からは唯一馬券に絡んだ馬は出ていません。

枠番 出走回数 戦績 賞金
1 14 3-1-1 832107000
2 14 1-1-2 478544000
7 21 1-1-1 464988000
6 14 1-1-1 390483000
8 21 1-0-1 311482000
4 14 0-2-1 290158000
5 14 0-1-0 109058000
3 14 0-0-0 80000000

日本ダービーにおける有利な馬番

唯一の複数勝利は1番。

コントレイルの5番から馬券に絡んだ馬は出ておらず、

サリオスの12番は1勝2着1回。

1勝、3着が2回の3番にはワーケアが入っています。

馬番 出走回数 戦績 賞金
1 7 2-1-1 600747000
3 7 1-0-2 390544000
12 7 1-1-0 335852000
14 7 1-0-0 292417000
2 7 1-0-0 231360000
17 7 1-0-0 227482000
13 7 0-1-1 172571000
7 7 0-1-1 161148000
8 7 0-1-0 129010000
9 7 0-1-0 109058000
4 7 0-1-0 88000000
11 7 0-0-1 54631000
18 7 0-0-1 54000000
5 7 0-0-0 50000000
6 7 0-0-0 30000000
16 7 0-0-0 30000000
15 7 0-0-0
10 7 0-0-0

まとめ

コントレイルは3枠5番。

内枠からの出走となりましたが、過去の結果からいえば決して有利な枠番、馬番ではありません。

集計期間中の日本ダービーにおいて

コントレイルと同じ3枠5番で出走した馬たちのリストは以下の通り。

年度 馬名 人気 着順
2019 マイネルサーパス 18 11
2018 キタノコマンドール 3 12
2013 メイケイペガスター 6 11
2017 クリンチャー 9 13
2016 エアスピネル 7 4
2015 ダノンメジャー 13 11
2014 トゥザワールド 2 5

2018年のキタノコマンドールや2014年のトゥザワールドは支持を集めていましたが、結果は期待を裏切るものでした。

また、日本ダービーは何故か1番人気にとって厳しいレースです。

年度 馬名 着順
2019 サートゥルナーリア 4
2018 ダノンプレミアム 6
2017 アドミラブル 3
2016 ディーマジェスティ 3
2015 ドゥラメンテ 1
2014 イスラボニータ 2
2013 キズナ 1

1番人気で勝ったのは、キズナとドゥラメンテのみ。

ダノンプレミアムもサートゥルナーリアもダービーで負けるまでは過大な評価をされていました。

3歳のこの時期の馬にはまだまだ未知の可能性が秘められているということでしょう。

それがレースデポジティブに働くかどうか。

コントレイルにしろ、サリオスにしろ備わっている能力は確かです。

日本ダービーでは持っている運も試されることになります。