2020年度版 マーメイドステークスの予想に役立つかもしれないデータ

マーメイドステークス2020年, データ, マーメイドステークス, 予想, 調教師, , 騎手

2020年度マーメイドステークスに関する、自分で調べるにはちょっと面倒かな、という程度のデータを集計しました。

予想の足しくらいになれば、と思います。

集計期間中に行われたマーメイドステークスの条件は以下の通り。

すべて良馬場ですが、2020年度はおそらく不良のコンディションで行われることになるでしょう。

年月日 頭数 馬場 勝ち時計
2019/06/09 16 2:00.3
2018/06/10 15 1:59.1
2017/06/11 12 1:59.5
2016/06/12 14 1:59.3
2015/06/14 16 2:00.5
2014/06/15 14 1:59.4
2013/06/09 14 1:59.4

2013/01から2020/06/07までの合計24787レースをもとに集計しています。

マーメイドステークスにおける人気別成績

馬券に絡んだ回数でいえば、10番人気馬が4回で最高

勝利数では7番人気馬が唯一の複数勝利。

微妙な時期に行われる牝馬限定のハンデ戦らしい結果になっています。

人気 戦績
1 1-1-1
2 0-1-1
3 1-0-0
4 0-0-1
5 0-0-2
6 1-0-1
7 2-1-0
8 1-0-0
9 0-1-0
10 1-2-1
13 0-1-0

2014年のディアデラマドレを最後に1番人気馬は勝てておらず、2015年のマリアライトが2着になって以降馬券にも絡んでいません。

年度 組み合わせ
2019 7-10-5
2018 10-9-4
2017 3-2-6
2016 6-7-5
2015 8-1-10
2014 1-13-2
2013 7-10-1

マーメイドステークスと同じ条件で最も実績をあげている馬

阪神の芝2000mという条件に限れば、2019年度の勝ち馬であるサラスの戦績が最高。

2020年度の不良馬場の中山牝馬ステークスで2着だったリュヌルージュも同条件で良績を残しています。

おそらくペースを握るであろう、藤田菜々子が騎乗する2番目に軽い斤量のナルハヤの名前もあります。

ただ2000mはやや長い印象。

マークされずにマイペースで運べればチャンスはあるかもしれません。

馬名 出走回数 戦績 賞金
サラス 3 2-1-0 53389000
マルシュロレーヌ 1 1-0-0 15203000
リュヌルージュ 2 1-1-0 12688000
センテリュオ 2 1-0-0 11400000
サマーセント 2 1-0-0 8550000
ナルハヤ 3 0-0-2 4300000
レイホーロマンス 2 0-0-0
リンディーホップ 1 0-0-0

マーメイドステークス限定リーディングサイアー

ここでもやはりディープインパクト産駒。

サトノワルキューレ、センテリュオ、パルクデラモールの5歳牝馬が出走。

キングカメハメハ、ゼンノロブロイ産駒はおらずステイゴールド産駒にはリープフラウミルヒがいます。

3頭が出走するハービンジャー産駒ですが、過去に馬券に絡んだ実績はありません。

便宜上、産駒が馬券に絡んだ実績のある種牡馬のみ記載しています。

種牡馬名 出走回数 キャリア 賞金
ディープインパクト 10 2-2-0 114655000
キングカメハメハ 10 2-0-1 80788000
ゼンノロブロイ 7 1-1-0 50646000
ステイゴールド 7 0-1-2 46400000
マンハッタンカフェ 8 0-2-1 40824000
オルフェーヴル 2 1-0-0 36567000
キングヘイロー 2 1-0-0 35574000
ロージズインメイ 2 0-1-0 14142000
ヴィクトワールピサ 1 0-0-1 9081000
スズカマンボ 2 0-0-1 8882000
ゴールドアリュール 1 0-0-1 8871000

マーメイドステークスに騎乗する騎手限定リーディングジョッキー

以下の集計表はマーメイドステークスに騎乗する騎手の2020年度5月以降の騎乗成績です。

賞金ベースでソートしているので1位はダービーを勝った福永騎手。

今イチ決め手に欠けるセンテリュオに騎乗します。

昨年は1番人気で4着でした。

勝率、連帯率では圧倒的な数字を残している川田騎手は関東馬のエアジーンに騎乗します。

勝利数であれば1位の松若騎手は昨年の優勝馬サラスに騎乗します。

騎手名 騎乗回数 戦績 賞金 勝率/連対率
福永祐一 52 6-5-7 405260000 11.5% / 21.2%
北村友一 68 8-6-10 232248000 11.8% / 20.6%
川田将雅 49 10-10-3 217101000 20.4% / 40.8%
幸英明 109 12-15-6 209572000 11.0% / 24.8%
松若風馬 92 11-4-10 143782000 12.0% / 16.3%
団野大成 99 7-6-7 109416000 7.1% / 13.1%
酒井学 66 2-3-8 88496000 3.0% / 7.6%
川又賢治 51 6-4-2 85822000 11.8% / 19.6%
藤田菜七子 71 4-7-4 60300000 5.6% / 15.5%
菊沢一樹 63 3-3-4 55708000 4.8% / 9.5%
国分優作 61 4-1-3 55544000 6.6% / 8.2%
小崎綾也 43 1-3-2 28820000 2.3% / 9.3%
泉谷楓真 85 0-1-6 20970000 0.0% / 1.2%
高倉稜 26 1-0-1 18260000 3.8% / 3.8%
藤懸貴志 24 1-1-1 17229000 4.2% / 8.3%

マーメイドステークスにエントリーしている調教師限定リーディングトレーナー

以下の集計表は2020年度5月以降の成績です。

1位の矢作厩舎はコントレイルでダービーを勝ちました。

出走回数を見てもとてもアクティブです。

49キロで最軽量馬のオスカールビー、マルシュロレーヌは50キロでの出走。

3勝クラスに昇級した馬だけにいくら斤量で恵まれているからとはいえ厳しそうです。

調教師 出馬回数 戦績 賞金 勝率/連対率
矢作芳人 62 9-5-7 431767000 14.5% / 22.6%
堀宣行 30 5-5-6 207870000 16.7% / 33.3%
斉藤崇史 32 5-3-3 193844000 15.6% / 25.0%
友道康夫 36 5-4-0 150155000 13.9% / 25.0%
相沢郁 37 6-4-5 93204000 16.2% / 27.0%
西村真幸 22 4-3-0 91190000 18.2% / 31.8%
菊沢隆徳 31 1-4-3 82213000 3.2% / 16.1%
角居勝彦 32 2-1-3 76081000 6.3% / 9.4%
寺島良 39 3-3-5 59706000 7.7% / 15.4%
金成貴史 31 4-0-2 40304000 12.9% / 12.9%
高野友和 26 2-1-3 34385000 7.7% / 11.5%
鹿戸雄一 28 1-4-1 34364000 3.6% / 17.9%
梅田智之 24 2-2-1 32890000 8.3% / 16.7%
堀井雅広 31 2-2-4 32740000 6.5% / 12.9%
橋田満 22 1-0-3 26051000 4.5% / 4.5%

まとめ

直近の内容をみるとオスカールビー、ナルハヤが先手を取りあうことになりそうです。

より短い距離で先手を取ってきた実績と藤田菜々子騎手が継続して騎乗するナルハヤの方がより積極的に運ぶ形になるのではないでしょうか。

その他にもリープフラウミルヒ、サマーセントも逃げの手を選択した履歴があります。

最後に2020年度マーメイドステークス出走馬の芝のレースにおける重、不良馬場の成績を記載しておきます。

馬名 出走回数 戦績 賞金
ミスマンマミーア 2 1-1-0 21734000
パルクデラモール 1 1-0-0 11000000
エアジーン 2 1-0-1 9800000
レイホーロマンス 1 0-0-1 9081000
ナルハヤ 2 1-0-0 7600000
サトノワルキューレ 1 1-0-0 7000000
サラス 1 0-1-0 6070000
リンディーホップ 2 0-0-2 5946000
センテリュオ 1 0-0-0 3600000
リュヌルージュ 1 0-0-0 2300000
リープフラウミルヒ 2 0-0-0 1820000