2020年度版 エプソムカップの予想に役立つかもしれないデータ

エプソムカップ2020年, エプソムカップ, データ, 予想, 調教師, , 騎手

2020年度エプソムカップに関する、自分で調べるにはちょっと面倒かな、という程度のデータを集計しました。

予想の足しくらいになれば、と思います。

集計期間中に行われたエプソムカップの条件は以下の通り。

2020年度はおそらく不良馬場で行われることになりそうです。

年月日 頭数 馬場 勝ち時計
2019/06/09 13 1:49.1
2018/06/10 16 1:47.4
2017/06/11 18 1:45.9
2016/06/12 18 1:46.2
2015/06/14 13 1:45.4
2014/06/15 17 1:46.2
2013/06/09 14 1:45.7

2013/01から2020/06/07までの合計24787レースをもとに集計しています。

エプソムカップにおける人気別成績

集計期間中のエプソムカップに関していえば、8番人気までで決着しています。

勝ちがあるのは5番人気まで。

この数字だけをみればそれほど荒れないレースという印象です。

人気 戦績
1 1-2-1
2 3-0-0
3 0-2-0
4 1-2-1
5 2-0-1
6 0-0-2
7 0-1-1
8 0-0-1

決着の組み合わせを見ても、5番人気のレイエンダ、7番人気のサラキアの1、2着で決まった2019年度がもっとも荒れた感じになっています。

別定の東京の芝1800mのG3レースに荒れる要素を期待する方が無理があるのかもしれませんが、馬場が不良ともなるといくらか事情は変わりそうです。

年度 組み合わせ
2019 5-7-1
2018 2-4-5
2017 5-1-6
2016 1-3-6
2015 2-1-4
2014 2-4-8
2013 4-3-7

エプソムカップと同じ条件で最も実績をあげている馬

重賞レースで結果を出せないダイワキャグニーの成績が1位。

サトノアーサーは2018年度の勝ち馬。

アイスストームとこの条件はぴったりな感じですが、決め手で勝負する馬だけに馬場コンディションが心配なところです。

昨年の1番人気馬であるソーグリッタリングと同レースの条件は合っていそうですが、川田騎手が騎乗しない点が気になるところです。

馬名 出走回数 戦績 賞金
ダイワキャグニー 7 4-0-0 75896000
サトノアーサー 3 1-0-1 47608000
アイスストーム 3 2-0-1 43334000
レイエンダ 2 1-0-0 41497000
ソーグリッタリング 3 0-1-1 19753000
サラキア 1 0-1-0 16142000
ピースワンパラディ 1 1-0-0 15294000
マイネルハニー 2 0-0-1 10091000
エメラルファイト 2 0-0-1 6432000
ゴーフォザサミット 2 0-0-0 5700000
トーラスジェミニ 2 0-0-0 2400000
マイネルファンロン 2 0-0-0 1820000
サトノガーネット 1 0-0-0
ギベオン 1 0-0-0
アトミックフォース 1 0-0-0

エプソムカップ限定リーディングサイアー

エプソムカップと限定しても結果はディープインパクト産駒が1位。

サトノガーネット、ギベオン、サトノアーサー、サラキアの4頭が出走します。

キングカメハメハ産駒はダイワキャグニーとレイエンダ。

ステイゴールド産駒にはソーグリッタリングとマイネルファンロンがいます。

便宜上、産駒が馬券に絡んだ実績のある種牡馬のみ記載しています。

種牡馬名 出走回数 キャリア 賞金
ディープインパクト 23 3-2-2 183102000
ダンスインザダーク 4 1-0-1 54636000
キングカメハメハ 4 1-0-0 47697000
マンハッタンカフェ 3 1-0-0 41637000
Kitten’s Joy 1 1-0-0 41637000
ステイゴールド 10 0-0-2 26362000
ダイワメジャー 4 0-1-0 22382000
Redoute’s Choice 3 0-1-0 22182000
ハーツクライ 4 0-1-0 20256000
チーフベアハート 1 0-1-0 16180000
アドマイヤムーン 2 0-1-0 16160000
マツリダゴッホ 1 0-0-1 10091000
ラスカルスズカ 1 0-0-1 10078000

エプソムカップに騎乗する騎手限定リーディングジョッキー

以下の集計表はエプソムカップに騎乗する騎手の2020年度5月以降の騎乗成績です。

ルメール、レーン両騎手は別格。

ルメール騎手は昨年の優勝馬であるレイエンダ。

レーン騎手は一昨年の優勝馬であるサトノアーサーに騎乗します。

ソーグリッタリングは優勝候補の1頭ですが、鞍上は藤井騎手。

池江厩舎の馬で結果を残していますが、ここ一カ月の成績でいえば下から数えた方が早い順位です。

ピースワンパラディは不良馬場での実績がありますが、鞍上は津村騎手。

同馬には初騎乗ですが、ジョッキーのコンディションは今一つといった感じでしょうか。

騎手名 騎乗回数 戦績 賞金 勝率/連対率
C.ルメール 97 26-16-10 715354000 26.8% / 43.3%
D.レーン 88 22-10-15 466415000 25.0% / 36.4%
三浦皇成 92 11-12-6 224425000 12.0% / 25.0%
武豊 72 8-8-8 170279000 11.1% / 22.2%
田辺裕信 95 8-11-9 159128000 8.4% / 20.0%
岩田望来 100 14-1-14 157509000 14.0% / 15.0%
武藤雅 68 4-7-5 101903000 5.9% / 16.2%
北村宏司 77 4-6-5 88801000 5.2% / 13.0%
吉田豊 68 4-4-4 84698000 5.9% / 11.8%
内田博幸 78 4-7-6 80553000 5.1% / 14.1%
石橋脩 60 2-5-5 68144000 3.3% / 11.7%
津村明秀 38 2-3-5 65240000 5.3% / 13.2%
野中悠太郎 71 2-6-7 50018000 2.8% / 11.3%
藤井勘一郎 70 3-5-2 41560000 4.3% / 11.4%
石川裕紀人 57 1-4-1 40386000 1.8% / 8.8%
戸崎圭太 19 2-1-1 30600000 10.5% / 15.8%
木幡育也 84 2-3-2 26920000 2.4% / 6.0%

エプソムカップにエントリーしている調教師限定リーディングトレーナー

以下の集計表は2020年度5月以降の成績です。

矢作厩舎はコントレイルで2020年度日本ダービーを制覇。

相変わらず順調ですが、出走するサトノアーネットはこのレベルでは厳しいのではないでしょうか。

勝率、連帯率で圧倒的なのは藤沢厩舎。

グランアレグリアで安田記念を勝ちました。

昨年の優勝馬であるレイエンダを鞍上ルメールで出走させます。

もう一頭、2018年度青葉賞で勝って以降、馬券に絡むことができていないゴーフォザサミットも出走します。

調教師 出馬回数 戦績 賞金 勝率/連対率
矢作芳人 62 9-5-7 431767000 14.5% / 22.6%
手塚貴久 35 4-3-2 242428000 11.4% / 20.0%
藤沢和雄 32 8-5-2 237189000 25.0% / 40.6%
池江泰寿 39 2-5-4 123867000 5.1% / 17.9%
池添学 32 5-2-3 109076000 15.6% / 21.9%
相沢郁 37 6-4-5 93204000 16.2% / 27.0%
菊沢隆徳 31 1-4-3 82213000 3.2% / 16.1%
斎藤誠 51 2-5-6 78012000 3.9% / 13.7%
中内田充正 21 2-3-2 69125000 9.5% / 23.8%
吉村圭司 27 3-2-2 65068000 11.1% / 18.5%
大竹正博 24 3-1-5 53235000 12.5% / 16.7%
藤原英昭 24 2-0-1 50484000 8.3% / 8.3%
武藤善則 30 1-4-1 44656000 3.3% / 16.7%
栗田徹 27 3-2-1 41760000 11.1% / 18.5%
小桧山悟 47 0-0-1 9870000 0.0% / 0.0%

まとめ

ペースを握るのはアトミックフォース、トーラスジェミニ、ダイワキャグニー、サラキアの何れかでしょう。

サラキアは昨年度のエプソムカップにおいて2番手を追走していたレイエンダに逃がしてもらう形になりましたが、本年度は同じような展開にはならないはずです。

気になるのは馬場状態と適性。

最後に2020年度エプソムカップに出走馬の芝のレースにおける重、不良馬場の成績を記載しておきます。

馬名 出走回数 戦績 賞金
サトノアーサー 3 1-1-1 63191000
マイネルファンロン 2 1-0-0 7600000
アンドラステ 1 1-0-0 7500000
マイネルハニー 2 1-0-0 7000000
ダイワキャグニー 2 0-0-0
サラキア 1 0-0-0
ゴーフォザサミット 1 0-0-0
アトミックフォース 2 0-0-0