三宮Sの予想に役立つかもしれないデータ 2020年度版

三宮ステークス2020年, データ, 三宮ステークス, 予想, 調教師, , 騎手

そこそこのメンバーがそろった三宮ステークス。

地方のレースは集計には加えていないので割愛しますが、ヴェンジェンス、クリンチャー、メイショウスミトモ、サンデーウィザードが重賞ホルダー。

クリンチャー、サンデーウィザードのタイトルは芝のレースでのものです。

ダートの重賞レースで馬券に絡んだ実績があるのは、ヴェンジェンス、クリンチャー、アングライフェン、メイショウスミトモ、メイショウウタゲ。

2020年度三宮ステークスと同じ条件のダート重賞で馬券に絡んだのはクリンチャーのみでした。

2013/01から2020/06/14までの合計24857レースをもとに集計しています。

出走馬中同じ条件で最も実績をあげている馬

阪神ダート1800mで最も良績を残している馬は出走馬中どの馬か。

結構な高齢馬もいるので、2019年以降の実績のみで集計。

それよりも前の実績は集計の対象外にしています。

馬名 出走回数 戦績 賞金
コンカラー 3 1-0-1 21077000
アッシェンプッテル 2 1-0-1 20245000
サクラアリュール 4 0-1-1 12463000
オーヴェルニュ 2 1-0-0 9200000
クリンチャー 1 0-0-1 9081000
コマビショウ 2 0-0-0 3600000
メイショウスミトモ 2 0-0-0
メイショウウタゲ 1 0-0-0
ノーブルサターン 1 0-0-0
テーオーエナジー 1 0-0-0
アングライフェン 1 0-0-0

4歳馬のコンカラーとアッシェンプッテルは同条件で3勝馬クラスを勝っています。

集計期間中、阪神のダート1800mで4勝クラス以上、という条件で毎年行われてきたレースはアンタレスSのみ。

2020年度のアンタレスSでクリンチャーが3着。コマビショウが5着になっています。

三宮ステークスが行われる条件のリーディングサイアー

2019年以降という条件を付けて集計すると1位はネオユニヴァースで2位はキズナでした。

賞金ベースでソートした上位10頭のみを記載しています。

種牡馬名 出走回数 キャリア 賞金
ネオユニヴァース 10 3-0-0 64424000
キズナ 31 8-4-1 56760000
ディープインパクト 19 4-0-1 42981000
ダンカーク 17 4-2-2 42770000
アイルハヴアナザー 15 1-4-1 39162000
ロードカナロア 19 4-2-1 34710000
クロフネ 20 2-0-1 29200000
キングカメハメハ 30 2-5-0 28250000
トランセンド 15 2-2-2 26610000
カジノドライヴ 16 4-0-1 26100000

出走馬でいえば、コンカラー、クリノフウジン、ジュンヴァルカン、サンデーウィザードがネオユニヴァース産駒。

ヴェンジェンス、ノーブルサターンがカジノドライブ産駒です。

コマビショウはエンパイアメーカー産駒です。

三宮ステークスに騎乗する騎手限定リーディングジョッキー

2020年5月から6月14日までの成績の集計です。

賞金ではオークスを勝った松山騎手が1位。

クリンチャーに騎乗する石橋脩騎手は心配に調子がいいとは言えませんが、ここ2戦クリンチャーに騎乗し、2着、3着という戦績。

クリンチャー自身ダート競争に出るようになって3戦ですが、すべて3着以内に入っています。

石橋騎手がわざわざ阪神に騎乗しに来るというものポジティブなことなのではないでしょうか。

す。

騎手名 騎乗回数 戦績 賞金 勝率/連対率
松山弘平 88 11-10-4 345257000 12.5% / 23.9%
川田将雅 65 14-13-5 271414000 21.5% / 41.5%
北村友一 83 8-8-11 248860000 9.6% / 19.3%
幸英明 124 13-18-7 224972000 10.5% / 25.0%
岩田望来 113 16-3-16 189849000 14.2% / 16.8%
西村淳也 77 5-4-4 74293000 6.5% / 11.7%
石橋脩 72 2-5-6 70804000 2.8% / 9.7%
太宰啓介 57 2-2-4 59914000 3.5% / 7.0%
藤井勘一郎 81 3-6-2 58766000 3.7% / 11.1%
国分優作 68 4-1-3 57744000 5.9% / 7.4%
荻野極 45 1-4-2 52196000 2.2% / 11.1%
秋山真一郎 58 0-5-5 44502000 0.0% / 8.6%
高倉稜 32 1-0-1 19760000 3.1% / 3.1%
小牧太 34 1-1-2 15149000 2.9% / 5.9%
鮫島良太 25 1-1-0 10940000 4.0% / 8.0%

三宮ステークス限定リーディングトレーナー

2020年5月から6月14日までの成績の集計です。

ヴェンジェンスの大根田裕之厩舎、クリンチャーの宮本博厩舎は賞金ベースだと下位になります。

集計期間中に6勝で勝利数だけならトップタイの高木登厩舎はわざわざマイネルユキツバキをここに出走させます。

本年度3月には10勝、勝率45%をマークした友道厩舎は時期的になものなのか少しペースダウン気味。

戦績という点で安定しているのはオーヴェルニュを出走させる西村真幸厩舎。

コンカラーの石坂厩舎も出走させて回数を見ると少しセーブ気味でしょうか。

調教師 出馬回数 戦績 賞金 勝率/連対率
友道康夫 43 6-4-1 161246000 14.0% / 23.3%
牧浦充徳 39 3-5-0 49515000 7.7% / 20.5%
南井克巳 34 2-3-5 52319000 5.9% / 14.7%
大根田裕之 24 2-1-1 30822000 8.3% / 12.5%
大久保龍志 39 6-5-4 155479000 15.4% / 28.2%
村山明 34 3-0-2 44394000 8.8% / 8.8%
石坂正 38 3-4-3 72542000 7.9% / 18.4%
西村真幸 29 4-4-1 95939000 13.8% / 27.6%
高木登 39 6-4-6 66599000 15.4% / 25.6%
宮本博 29 0-1-1 17280000 0.0% / 3.4%
宮田敬介 18 3-1-0 24160000 16.7% / 22.2%
宮徹 30 2-2-1 42664000 6.7% / 13.3%
奥村豊 38 2-3-4 32780000 5.3% / 13.2%
安田隆行 41 5-4-5 157019000 12.2% / 22.0%
安達昭夫 28 3-5-1 89407000 10.7% / 28.6%

まとめ

直近のレースで逃げた馬はおらず、どうしても先手を取りたいという馬はいなさそうです。

ノーブルサターン、マイネルユキツバキ、より短い距離で逃げや先行ができていたオーヴェルニュあたりもその気になれば先手を取ることができるでしょう。

三宮ステークス行われる阪神競馬場は快晴。

いま以上にコンディションが悪くなることはないでしょう。

重か稍重で競走は行われるはずです。

では最後に重か稍重という条件での出走馬の実績を集計しておきます。

馬名 出走回数 戦績 賞金
ノーブルサターン 7 3-0-1 32022000
メイショウスミトモ 15 1-0-1 31966000
コマビショウ 8 2-0-0 28496000
コンカラー 4 2-0-0 27877000
アッシェンプッテル 2 2-0-0 25645000
クリンチャー 2 0-1-1 23247000
オーヴェルニュ 2 2-0-0 22899000
ヴェンジェンス 1 0-1-0 22328000
サクラアリュール 7 1-0-2 22193000
マイネルユキツバキ 5 1-2-0 21600000
メイショウウタゲ 9 2-1-0 20850000
テーオーエナジー 3 1-0-1 8800000
アングライフェン 2 0-0-0 8300000
クリノフウジン 6 0-0-2 7351000
サンデーウィザード 1 0-0-0