米子Sの予想に役立つかもしれないデータ 2020年度版

米子S2020年, データ, 予想, 米子S, 調教師, , 騎手

2020年度米子Sに関する、自分で調べるにはちょっと面倒かな、という程度のデータを集計しました。

予想の足しくらいになれば、と思います。

桜花賞3着馬のスマイルカナが50キロで出走します。

重賞レースでも馴染みのある名前が見られますが、過去1年間でグレードレースにおいて馬券に絡んだ実績があるのはスマイルカナのみ。

注目はブランク明けのダノンチェイサーということになるでしょう。

2013/01から2020/06/14までの合計24857レースをもとに集計しています。

人気別成績

1番人気馬が安定した実績を残しています。

大体上位人気で決着する傾向があるようです。

人気 戦績
1 4-2-0
2 0-1-1
3 1-0-2
4 1-2-1
5 0-1-1
7 0-0-1
9 1-0-0
11 0-0-1

過去7回の1番人気馬と、結果は以下の通り。

年度 馬名 馬齢 斤量 着順
2019 オールフォーラヴ 牝4 54 1
2018 タイセイサミット 牡5 56 2
2017 ブラックムーン 牡5 57 1
2016 クイーンズリング 牝4 55 2
2015 スマートレイアー 牝5 56 1
2014 オリービン 牡5 56 5
2013 エーシンミズーリ 牡5 56 1

馬券に絡んだ上位3着までの人気の組み合わせは以下の通りです。

年度 組み合わせ
2019 1-2-11
2018 9-1-4
2017 1-4-5
2016 4-1-3
2015 1-5-7
2014 3-4-2
2013 1-10-3

同じ条件で最も実績をあげている馬

桜花賞3着のスマイルカナが賞金では1位。

勝利数では唯一メイショウオワラが複数勝利を挙げています。

モズダディー、レッドヴェイロンは馬券に絡んだ実績でいえば100%です。

馬名 出走回数 戦績 賞金
スマイルカナ 2 0-0-1 29585000
メイショウオワラ 6 2-0-0 25659000
モズダディー 2 1-0-1 22334000
カテドラル 1 0-1-0 15182000
レッドヴェイロン 2 0-1-1 11567000
ラセット 3 1-0-0 10500000
マイネルフラップ 3 1-0-0 10301000
プロディガルサン 1 0-1-0 10104000
ミッキーブリランテ 3 1-0-0 7200000
レインボーフラッグ 3 0-1-0 6074000
ランスオブプラーナ 2 0-0-0
ミラアイトーン 1 0-0-0
クライムメジャー 2 0-0-0
アメリカズカップ 3 0-0-0

米子S限定リーディングサイアー

過去7回の米子ステークスという条件であっても、阪神のマイルではディープインパクト。

2020年度も4頭が出走。

2位はダイワメジャー。

クライムメジャーが出走しますが、この条件が合っているかは微妙です。

相手も厳しすぎるでしょう。

以下産駒が馬券に絡んだ実績のある種牡馬のみ、賞金ベースでソートしたデータを記載しています。

種牡馬名 出走回数 戦績 賞金
ディープインパクト 12 2-2-0 72682000
ダイワメジャー 9 1-3-0 53496000
タイキシャトル 4 1-1-0 31776000
アドマイヤムーン 4 1-0-1 31548000
マンハッタンカフェ 5 1-1-0 30696000
ダンスインザダーク 1 1-0-0 23217000
アグネスタキオン 2 0-0-1 8732000
ウォーエンブレム 2 0-0-1 7562000
フジキセキ 4 0-0-0 6500000
カンパニー 1 0-0-1 6344000
メイショウサムソン 1 0-0-1 5836000
スクリーンヒーロー 1 0-0-1 5831000
ラスカルスズカ 1 0-0-1 5340000

米子Sに騎乗する騎手限定リーディングジョッキー

2020年度6月、阪神競馬場という条件で集計しました。

カテドラルに騎乗する福永騎手が1位。

後方に控えるレースで結果がでていない同馬にどのようなレースをするのか。

デビュー4戦目まで手綱をとっていましたが、その頃は先行させていました。

休養明けの仕切り直しのレースでどのように立ち回るのか。

カテドラルにはまだ競走馬としての楽しみがまだ残されています。

騎手名 騎乗回数 戦績 賞金 勝率/連対率
福永祐一 24 7-2-5 106631000 29.2% / 37.5%
川田将雅 23 7-4-2 85711000 30.4% / 47.8%
松山弘平 39 6-4-2 79749000 15.4% / 25.6%
浜中俊 11 2-2-1 49998000 18.2% / 36.4%
幸英明 30 3-5-1 36470000 10.0% / 26.7%
北村友一 19 0-3-2 28680000 0.0% / 15.8%
岩田望来 13 2-1-3 25380000 15.4% / 23.1%
泉谷楓真 26 2-0-1 18570000 7.7% / 7.7%
松若風馬 28 2-1-0 16230000 7.1% / 10.7%
西村淳也 28 0-1-2 14586000 0.0% / 3.6%
秋山真一郎 14 0-2-2 12057000 0.0% / 14.3%
斎藤新 28 0-0-0 5950000 0.0% / 0.0%
富田暁 19 0-0-1 5570000 0.0% / 0.0%
荻野極 9 0-0-1 5551000 0.0% / 0.0%
川又賢治 11 0-1-1 5000000 0.0% / 9.1%
藤井勘一郎 15 0-0-0 510000 0.0% / 0.0%
小崎綾也 11 0-0-0 0.0% / 0.0%

米子Sで有利な枠、馬番

枠順の実績でいえば、6番が抜けています。

が、本年度は厳しいでしょう。

1枠には不気味なカテドラルがいます。

出走回数 戦績 賞金
6 11 3-0-2 79359000
1 8 2-0-0 45441000
7 14 0-1-3 37144000
5 10 1-0-1 34639000
8 15 0-2-1 32000000
4 8 1-0-0 31317000
3 8 0-2-0 25126000
2 8 0-2-0 18534000

馬番でいえば、7番と1番がそれぞれ2勝。

ダノンチェイサー、カテドラル。

4歳の牡馬が入っています。

本年度はフルゲートですが、集計期間中に行われた米子Sは2013年以外は12頭が最多頭数のレースでした。

2013年、18頭で行われた米子Sで15番の馬が馬券に絡んでいるデータはスマイルカナにとってポジティブなデータです。

馬番 出走回数 戦績 賞金
7 7 2-0-0 46832000
1 7 2-0-0 45441000
5 7 1-0-1 34639000
11 4 1-1-0 33622000
4 7 1-0-0 29217000
3 7 0-2-0 25126000
9 7 0-0-3 21020000
2 7 0-2-0 18534000
12 3 0-1-1 13842000
10 6 0-0-1 10132000
15 1 0-1-0 8524000
6 7 0-0-1 8031000
8 7 0-0-0 5400000
14 1 0-0-0 3200000
18 1 0-0-0
13 1 0-0-0
16 1 0-0-0
17 1 0-0-0

まとめ

逃げるのはスマイルカナでしょう。

ランスオブプラーナの方が内に位置していますが、兼ね合い次第ではペースは上がりそうです。

モズダディーやミラアイトーンも前走では逃げています。

11頭立てで稍重のコンディションでおこなわれた昨年度のタイムは1:34.7。

2017年(10頭)、18年(12頭)は良馬場でどちらも1:31.9。

集計期間中に行われた米子Sでは割に人気馬が上位を占めていますが、フルゲートで、6月までの規制の影響もあって本年度は前例が覆るような結果になるかもしれません。

米子S2020年, データ, 予想, 米子S, 調教師, , 騎手

Posted by showjy