ゴールドシップ産駒の成績を年度別に比較する

2020年9月6日ゴールドシップゴールドシップ

ゴールドシップの種牡馬2年目の産駒がデビューして3カ月が経過。

2020年度の2歳馬は20頭がデビュー。

2019年度は8月終了時点でデビューしていたのは17頭でした。

結果はどうあれ、無事デビューすることができている頭数が昨年度より増加しているということは何よりです。

2013/01から2020/08/31までの合計25556レースをもとに集計しています。

8月終了時点での成績の比較

2019年度

出走回数 戦績 賞金
32 3-2-3-24 68649000

2020年度

出走回数 戦績 賞金
31 6-1-2-21 50394000

昨年のこの時期に勝ち上がったゴールドシップ産駒は2頭。

ブラックホールと、サトノゴールドのみ。

2020年度は2勝馬こそいませんが6頭が勝ち上がっています。

新馬戦を勝ち上がり、1戦1勝馬が3頭。

2020年デビュー組の方が粒ぞろいといっていい現状です。

馬名 性別 騎乗回数 戦績 賞金
コスモアシュラ 3 1-0-1-1 9124000
アオイゴールド 1 1-0-0-0 7000000
ユーバーレーベン 1 1-0-0-0 7000000
ヴェローチェオロ 1 1-0-0-0 7000000
スウィートブルーム 2 1-0-1-0 6900000
ウインルーア 2 1-0-0-1 5100000

条件別に成績を比較する

2019年にデビューしたゴールドシップ産駒の8月終了時点の競馬場別実績は以下の通り。

2019年デビュー組の成績

競馬場 出走回数 戦績 賞金 賞金
札幌 5 1-1-0-3 45149000 9124000
函館 4 2-1-1-0 16100000 7000000
福島 7 0-0-1-6 4000000 7000000
小倉 2 0-0-1-1 2900000 7000000
東京 2 0-0-0-2 500000 6900000
中京 2 0-0-0-2 5100000
新潟 9 0-0-0-9

結果を残した条件は以下の通り

出走回数 騎乗回数 戦績 賞金
芝1800 19 3-2-1-13 62349000
芝2000 5 0-0-1-4 2900000
芝1200 1 0-0-1-0 1800000
ダ1700 1 0-0-0-1 1100000
芝1600 2 0-0-0-2 500000
芝1400 2 0-0-0-2
ダ1200 1 0-0-0-1

2020年デビュー組の成績

2020年にデビューしたゴールドシップ産駒の8月終了時点の競馬場別実績は以下の通り。

競馬場 出走回数 戦績 賞金
札幌 5 2-0-1-2 17524000
福島 5 2-1-1-1 16700000
東京 2 1-0-0-1 7000000
新潟 13 1-0-0-11 5870000
阪神 5 0-0-0-5 3300000
函館 1 0-0-0-1

結果を残した条件は以下の通り

条件 出走回数 戦績 賞金
芝1800 17 6-0-2-8 42894000
芝2000 5 0-1-0-4 4600000
芝1600 6 0-0-0-6 2200000
芝1500 1 0-0-0-1 700000
芝1400 1 0-0-0-1
芝1200 1 0-0-0-1

1着になった実績があるのは芝1800mのみ。

デビューから3カ月という条件で集計した結果、ダートの競争で1着になったゴールドシップ産駒はいませんでした。

勝ち上がりタイムについて

先述した通り、2019、2020年度ともに8月終了時点で勝ち上がった芝1800mという条件のみ。

2019年デビュー組の勝ち上がりタイム

競馬場 クラス 馬名 馬場 タイム
札幌 G3 ブラックホール 1:50.4
函館 未勝利 ブラックホール 1:51.3
函館 新馬 サトノゴールド 1:54.1

2020年デビュー組の勝ち上がりタイム

競馬場 クラス 馬名 馬場 タイム
札幌 新馬 ヴェローチェオロ 1:55.4
新潟 未勝利 スウィートブルーム 1:49.3
札幌 未勝利 ウインルーア 1:49.7
福島 新馬 アオイゴールド 1:53.2
福島 未勝利 コスモアシュラ 1:50.2
東京 新馬 ユーバーレーベン 1:52.6

あくまでも相対的に本年度、ここまでの段階でデビューしたゴールドシップ産駒は昨年度の産駒よりも効率よく成果をあげることができています。

ブリーダー別成績

先述した通り、2019、2020年度ともに8月終了時点での集計です。

2019年度成績

生産者 騎乗回数 戦績 賞金
杵臼牧場 3 2-1-0-0 39227000
社台ファーム 2 1-1-0-0 19122000
木村牧場 3 0-0-1-2 1800000
ビッグレッドファーム 8 0-0-1-7 1800000
パカパカファーム 1 0-0-1-0 1800000
北島牧場 1 0-0-0-1 1100000
追分ファーム 1 0-0-0-1 1100000
荻伏三好ファーム 2 0-0-0-2 1100000
岡田スタッド 1 0-0-0-1 1100000
木田牧場 3 0-0-0-3 500000
豊洋牧場 1 0-0-0-1
松田牧場 3 0-0-0-3
ミルファーム 2 0-0-0-2

2020年度成績

生産者 騎乗回数 戦績 賞金
ビッグレッドファーム 13 2-0-1-9 15770000
岡田スタッド 3 1-0-1-1 9124000
千代田牧場 1 1-0-0-0 7000000
市川ファーム 1 1-0-0-0 7000000
コスモヴューファーム 2 1-0-0-1 5100000
猿倉牧場 1 0-1-0-0 2800000
槇本牧場 2 0-0-0-2 1100000
ノーザンファーム 2 0-0-0-2 1100000
豊洋牧場 1 0-0-0-1 700000
追分ファーム 1 0-0-0-1 700000
長谷川牧場 2 0-0-0-2
岡田牧場 2 0-0-0-2

オーナー別

2019年度

オーナー 頭数 勝利数 賞金
芹澤精一 1 2 39227000
サトミホースカンパニー 1 1 19122000
佐野信幸 1 0
原禮子 1 0 1100000
栗本博晴 1 0 1800000
ミルファーム 1 0
ビッグレッドファーム 5 0 3400000
サラブレッドクラブ・ラフィアン 4 0 1100000
キャピタル・システム 1 0 1800000
G1レーシング 1 0 1100000

2020年度

オーナー 頭数 勝利数 賞金
サラブレッドクラブ・ラフィアン 7 2 15000000
鈴木照雄 1 1 7000000
大野剛嗣 1 1 7000000
岡田繁幸 2 1 9124000
ウイン 2 1 6200000
關陽彦 1 0 1100000
山口裕介 1 0 2800000
吉田晴哉 1 0 700000
岡田隆寛 1 0
ミルファーム 1 0
ビッグレッドファーム 1 0 770000
ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 1 0 700000

まとめ

最後は2020年9月1日までにJRA主催の平地競走においてゴールドシップ産駒に騎乗し成果をあげた騎手のランキングです。

便宜上、2勝以上あげている騎手のみ記載しています。

獲得賞金金額の合計でソートすると、

1位は丹内騎手。

ビッグレッドファーム系の主戦のような騎手。

田辺裕信、川田将雅騎手の名前もあり、

中身の濃い成果を挙げています。

競馬場 騎乗回数 戦績 賞金
丹内祐次 39 6-3-6-24 68809000
石川裕紀人 16 3-3-1-9 58727000
柴田大知 43 3-0-4-35 31340000
嶋田純次 12 2-1-3-6 30800000
田辺裕信 8 3-2-0-3 29837000
川田将雅 6 3-2-0-1 20800000
横山武史 9 2-0-1-6 13784000