長久手特別(2勝)

サトノゴールドのキャリアは5戦。

古馬との対戦では惨敗が続いています。

長久手特別は休養明け3戦目。

少頭数ながらメンバーは揃っています。

ただ、それだけに自分のレースに徹してどこまでや ...

白川郷S(3勝)

唯一の3歳馬は人気になりそうなハギノアレグリアス。

鞍上は主戦の川田騎手が不在のため岩田望来騎手に乗り替わり。

16頭立てですが、強力な逃げ馬はおらず、これといった古馬もいません。

素質馬では上のク ...

ウーリリ, ポートアイランドS

約半年ぶりのレースに出走するウーリリ。

ジョッキーは前走と同じく吉田隼人騎手。

全兄はダービー馬のマカヒキ。

3歳時にはダービートライアルの青葉賞で2番人気に支持された実績があります。

...

シリウスS(G3)

3歳馬はカフェファラオ、ダイメイコリーダ、キメラヴェリテ。

ルメールと初コンビのカフェファラオが人気を集めそうですが、古馬とは初対決。

集計期間中に3歳の1番人気馬が優勝した実績はありません。

中京 ...

桶狭間S(3勝)

これといった逃げ馬がいないので、その気になればブルーメンクローネが先手を取ってペースを握れるかもしれません。

集計期間中、1番人気馬は7連敗中。

二桁人気馬が3度馬券に絡んでおり、荒れる要素のある条件です。

長篠S(3勝)

カレンモエは7戦3勝2着1回、3着が2回。

馬券に絡めなかったのは1度のみ。

そのレースでも勝ち馬とは0.1秒差の4着。

前走はタイム差なしの2着。

キャリアは浅いですが、戦績は高いレベ ...

夕月特別(2勝)

9頭立てでこれといった逃げ馬がいないメンバー構成。

実績でいえばメイショウボーラー産駒のダンツイノーバが先手を取りそうです。

秋山騎手との相性は良く、現在連勝中。

昇級戦になりますが馬場コンディショ ...

神戸新聞杯(G2)

同世代で唯一コントレイルに迫った実績のあるサリオスは別路線へ。

この夏の間、これといっためぼしい馬は出てきませんでした。

2020年度神戸新聞杯に出走する獲得賞金上位馬は全てコントレイルと対戦済み。

ローズS(G2)

フアナのキャリアは4戦2勝ですが、すべて3着以内。

先着を許した相手はなかなかの面々です。

出世は遅れましたが、ルメールが空いていたという良い巡り合わせ。

ここにきてもっとも充実しているのはファナか ...

ケフェウスS(OP)

トップハンデはラストドラフトで57キロ。

過去3走の重賞での内容が評価されてのことなのでしょうけれども、ヒンドゥタイムズやフランツとは2キロ差で少し見こまれた感じの斤量。

逃げるのはおそらくミスディレクションか ...