テイエムオペラオーC(2勝)

このメンバー構成であればプライドランドがペースを握れるかもしれません。

積極的な競馬をして実績をあげている同馬。

マイペースで進めることができれば、そのまま逃げ切りも期待できます。

テイエムオペラオ ...

ながつきS(OP)

ウルトラマリンは唯一の3歳馬。

中山のダート1200mで圧倒的な戦績を誇るサウスヴィグラス産駒。

ながつきSにはウルトラマリン含め3頭のサウスヴィグラス産駒が出走します。

是が非でも行きたいのはレッ ...

長篠S(3勝)

カレンモエは7戦3勝2着1回、3着が2回。

馬券に絡めなかったのは1度のみ。

そのレースでも勝ち馬とは0.1秒差の4着。

前走はタイム差なしの2着。

キャリアは浅いですが、戦績は高いレベ ...

九十九里特別(2勝)

ゴールドシップ産駒の3歳牝馬ウインキートスが出走。

1勝クラスですが2600mの前走を圧勝。

昇級戦ですが、斤量は52キロ。

掲示板を一度も外していない堅実な馬なので恰好はつけてくれるでしょう。

夕月特別(2勝)

9頭立てでこれといった逃げ馬がいないメンバー構成。

実績でいえばメイショウボーラー産駒のダンツイノーバが先手を取りそうです。

秋山騎手との相性は良く、現在連勝中。

昇級戦になりますが馬場コンディショ ...

神戸新聞杯(G2)

同世代で唯一コントレイルに迫った実績のあるサリオスは別路線へ。

この夏の間、これといっためぼしい馬は出てきませんでした。

2020年度神戸新聞杯に出走する獲得賞金上位馬は全てコントレイルと対戦済み。

オールカマー(G2)

本命のフィエールマンが回避することになって出走頭数9頭。

久々のジェネラーレウーノがペースを握れそうなメンバー構成。

G1レースでの実績でいえばカレンブーケドール、中山の同じ条件であればミッキースワロー。

内房S(3勝)

3歳馬のいない16頭立て。

ローザノワールがハナを切ってペースを握れそうなメンバー。

前走は昇級戦で惨敗。

ここではそこまで人気にはならなさそうです。

メダリオンモチーフは同条件で3戦3 ...

モーリス

9月第4週

2020年度、9月26日、27日の競馬に出走する

モーリス産駒の一覧です

新馬には実績がまだないので、

競走成績がない馬のデータはリストにはありません。

選手とは異なり、質量と ...

コントレイル, 菊花賞(G1)

コントレイルはキャリア5戦で同世代の42頭に先着してきました。

勝負付けが済んだ、みたいな言い方がありますが、

対戦済みの馬にはもはや勝ち目がないとします。

コントレイルとは未対戦。

舞 ...