ゴールドシップ

特別レースに登録があるゴールドシップ産駒は2頭のみ。

いずれも9月26日、中山の準メイン九十九里特別に出走を予定しています。

距離は芝2500m。

前走札幌の芝2600mを圧勝しているウインキートス ...

アリストテレス, エピファネイア

アリストテレスは父がエピファネイア、母の父がディープインパクトという血統。

祖母がグレースアドマイヤなので、日本では馴染み深い血統。

デアリングタクトを除けば、エピファネイアの初年度産駒の中でも屈指の存在。

ナカヤマフェスタ, バビット

バビットの血統は父がナカヤマフェスタ。

母の父がタイキシャトル。

母馬であるアートリョウコからは特に活躍馬は出ておらず、中央でデビューしたのはバビットのみ。

父のナカヤマフェスタ、BMSであるタイキ ...

ゴールドシップ

9月21日、中山6Rダ2400mに出走するセイウンクルーズ。

今回は昇級戦になります。

芝では振るいませんでしたが、ダートでは安定したパフォーマンスを見せています。

1勝クラスでセイウンクルーズに先 ...

セントライト記念(G2)

ナカヤマフェスタ産駒のバビットは3連勝中で5戦5連対。

ダノンファストの3勝はいずれもダートであげたもですが、キャリア7戦すべてで馬券に絡んでいます。

フィリオアレグロやラインハイトも同じくすべてのレースで3着 ...

JRA

3歳馬のオータムレッドは2歳時にオープン特別を勝ちデビュー2連勝。

暮れの阪神ジュベナイルF(G1)に出走し結果は11着。

以降は苦戦をしています。

御宿特別出走馬の2勝クラス以上の条件における実績 ...

納屋橋S

3歳馬はゴールドアリュール産駒のヒルノマリブのみ。

3歳限定の紅梅Sを勝ち、桜花賞にも出走しています。

3勝クラス以上における実績を賞金ベースでソートすると結果は以下の通り。

馬名出走回数戦績賞金クリアザ ...

ローズS(G2)

フアナのキャリアは4戦2勝ですが、すべて3着以内。

先着を許した相手はなかなかの面々です。

出世は遅れましたが、ルメールが空いていたという良い巡り合わせ。

ここにきてもっとも充実しているのはファナか ...

ラジオ日本賞(OP)

中山の同条件であれば、マイネルユキツバキとフィードバックの実績が頭一つ抜けています。

ローズプリンスダムは昨年の優勝馬。

同馬を含めたレッドフレイ、ラインカリーナあたりが先手を主張しそうなメンバー構成。 ...

ケフェウスS(OP)

トップハンデはラストドラフトで57キロ。

過去3走の重賞での内容が評価されてのことなのでしょうけれども、ヒンドゥタイムズやフランツとは2キロ差で少し見こまれた感じの斤量。

逃げるのはおそらくミスディレクションか ...