ハーツクライ, ワーケア

弥生賞2着からダービーに出走するワーケア。

2着で終えた同レース後のコメントで手塚師は皐月賞に出走する旨のコメントをしていました。

しかし、弥生賞に向けワーケアが帰厩した2月、

まだ体質が弱く、疲れ ...

サリオス, ハーツクライ

皐月賞で距離不安を一掃した感のあるサリオス。

2着でしたが、圧巻のパフォーマンスでした。

実力的にはダービーはコントレイルとの2強ムード。

とはいえ、サリオスにとって悪しき前例は残されたままです。

マイラプソディ

3戦3勝で共同通信杯(G3)に挑むマイラプソディ。

何となく2018年、2戦2勝で同レースに出走し、1番人気に支持されたグレイルとかぶってしまい、実際のところハーツクライ産駒と共同通信杯、ひいては東京の芝1800mの相性は ...

ウーマンズハート, 競走馬

2019年度阪神ジュベナイルF(G1)に出走し4着だったウーマンズハート。

圧巻のパフォーマンスだったレシステンシアに離された2、3着馬からさらに離れた4着でした。

出足が良く、すっと好位置を取れるスピードと器 ...

クラヴァシュドール

2019年度、阪神ジュベナイルFで3着になったクラヴァシュドール。

勝ちにいっての3着でしたが、2着馬もそれは同じ。

なので、牝馬限定のマイル路線における格付けとしては3番手というのが妥当でしょう。

マイラプソディ

マイラプソディのBMSであるソルトレイクはダートの短距離馬という印象がありますが、実際集計してみると印象通りの結果になりました。

しかし、G1レース5勝で、オークスも制した名牝アパパネのBMSも同じくソルトレイクでした。