キズナ

2019年に初年度産駒がデビューした種牡馬のキズナ。

2017年に生まれた産駒は156頭が出走しました。

産駒の仕上がりの早さは父であるディープインパクト譲り。

2歳の早い時期から活躍馬を輩出しまし ...

アドマイヤマーズ

昨年末の香港マイルから安田記念に参戦するアドマイヤマーズ

半年ぶりのレースとなります。

香港マイルでは安田記念にも出走するインディチャンプやノームコア、ペルシアンナイトらを下し優勝。

5番人気と評価 ...

ダノンキングリー, ディープインパクト

今春3戦目で安田記念に挑むダノンキングリー。

ヴェロックスなど頓挫している同期のライバルとは違い無事にキャリアを積むことができています。

東京競馬場では4戦3勝2着1回。

インディチャンプとの対戦成 ...

アーモンドアイ

2020年度ヴィクトリアマイルを制したアーモンドアイ。

昨年の有馬記念以来、147日ぶりのレースでしたが、内容は楽勝。

安田記念の出走が予定されていますが、かつてなく短い間隔であることだけが少し懸念されています ...

インディチャンプ, ステイゴールド

安田記念連覇に挑むインディチャンプ。

再び同じ舞台でアーモンドアイと対戦します。

メンバーがそろっていなかったものの、前哨戦は圧勝。

ピークの状態で本番に挑めるとコンディションは音無師の折り紙つきで ...

ダーリントンホール, ニューアプローチ

良い条件とはいえない皐月賞で健闘したダーリントンホール。

これまでの戦績を見てもデムーロがいうように中山は合わないのでしょう。

競馬場戦績賞金東京1-0-0-038343000札幌0-0-1-07861000函館1- ...

ディープボンド

2020年度京都新聞杯を制したディープボンド。

皐月賞では果敢に先行し、10着。

京都新聞杯ではダービーのダークホースと目されていたアドマイヤビルゴなどの実力馬を抑えての1着。

短期間での成長の跡を ...

ビターエンダー

2020年度プリンシパルステークスを制したビターエンダー

着差以上の楽勝。

東京競馬場では強さを見せ、ダービーの出走権を手にしました。

東京競馬場での実績は以下の通り。

年月レース名着順202 ...

ヴァルコス

青葉賞2着で何とかダービー出走権を手にしたヴァルコス。

血統という側面でいえばディープインパクトの甥にあたります。

父であるノヴェリストの産駒がダービーに出走するのは初めて。

母であるランズエッジの ...

ホウオウピースフル

フローラステークス2着からオークスに向かうホウオウピースフル。

兄は2018年度グランプリホースのブラストワンピース。

ホウオウピースフルがセレクトセールで取引されたのはブラストワンピースがデビューする前。